【バッシュギヌス】

pigパワーが1000以下のクリーチャーリアニメイトできる《凶鬼34号 バッシュ》と、パワーが1000しかないが非進化クリーチャーならばなんでもリアニメイトできる《魔龍バベルギヌス》を組み合わせたコンボデッキ。基本的にはの2色で組まれる。

凶鬼34号 バッシュ R 闇文明 (4)
クリーチャー:マフィ・ギャング 2000
スレイヤー
このクリーチャーが破壊された時、パワー1000以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

魔龍バベルギヌス VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ/グランド・デビル 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーのクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、そのプレイヤーの墓地から、《魔龍バベルギヌス》以外の進化ではないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。
※殿堂入り

序盤は《エマージェンシー・タイフーン》《サイバー・チューン》墓地肥やしを行い、墓地《魔龍バベルギヌス》+《バベルギヌス》でリアニメイトしたいクリーチャーを用意する。《凶鬼34号 バッシュ》召喚した後、破壊させることで《バッシュ》のpigが発動、パワー1000の《バベルギヌス》をリアニメイトし、能力墓地に用意しておいた好きなクリーチャーリアニメイトするという流れ。

革命編環境から続く環境の高速化に対して墓地肥やし自壊できるタイミングも無いように思えるが、ここで準バニラと酷評を受けていた《暗黒鎧 ダースシスK》コスト0で自分のクリーチャー破壊しつつ墓地肥やしもできる能力が注目される。早ければ4ターン目に《バッシュ》を召喚したターンからコンボが始動しファッティが飛んでくるという、【茄子サファイア】を彷彿とさせるリアニメイトデッキがここに誕生した。

主要カード


ヴォルグ・サンダーライブラリアウト型

デュエル・マスターズ グランプリ-4thのフィーチャーマッチにて公開され、バッシュギヌスの知名度を一気に押し上げたデッキタイプ。名前の通りライブラリアウトで勝ちを狙うデッキであり、4ターン目にいきなりライブラリアウトでトドメをさされることもある。

主要カード

コンボの手順は以下の通り。

  1. 《魔龍バベルギヌス》《クイーン・アマテラス》《復活の祈祷師ザビ・ミラ》を最低でも1枚ずつ墓地に用意しておく。
  2. 《凶鬼34号 バッシュ》召喚し、《暗黒鎧 ダースシスK》代替コスト召喚するために《バッシュ》を破壊
  3. 《バッシュ》のpig《魔龍バベルギヌス》リアニメイト。《バベルギヌス》のcipで自身を破壊して、《クイーン・アマテラス》リアニメイトする。
  4. 《アマテラス》のcipデッキより《Dの地獄 ハリデルベルグ》展開し、ターンの終わりに《ハリデルベルグ》のDスイッチを発動。
  5. このターン破壊された《バッシュ》と《バベルギヌス》がリアニメイトされるので、《バベルギヌス》のcipを先に解決。《バッシュ》を破壊し、《復活の祈祷師ザビ・ミラ》リアニメイトする。《ザビ・ミラ》の他に《バベルギヌス》、《ダースシスK》、《アマテラス》の3体はいるはずなので、全て破壊して《ヴォルグ・サンダー》3体をバトルゾーンに出して相手の山札を削る。
  6. 5で保留にしておいた《バッシュ》のpigを解決。《ザビ・ミラ》の能力破壊された《バベルギヌス》をリアニメイトし、《ザビ・ミラ》を破壊してリアニメイト。今度は《ヴォルグ》3体と《バベルギヌス》の計4体を破壊して、《ヴォルグ》4体に変換させてさらに山札を削る。

上記のコンボが成立すれば最低14枚の山札破壊が臨める。また、《ダースシスK》の召喚時の能力で同名カードリアニメイトできればさらなる展開も可能になる。

弱点

《デュエマの鬼!キクチ師範代》などのメタカードは《ハリデルベルグ》で除去できるものの、《ヴォルグ》最大のメタカードである《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》が相手の山札にあった場合はライブラリアウト戦術を諦めざるを得なくなる。
対策として《ザビ・ミラ》で合計コスト20以上になるように《ヴォルグ》と《時空の踊り子マティーニ》ブロッカーサイキックを出し、《超時空ストーム G・XX》を重ね、《マティーニ》の覚醒を引き継がせて《超覚醒ラスト・ストーム XX》に即時覚醒させ、攻撃時に進化元を再利用してもう一体の《ストーム G・XX》を同様に覚醒させて確実に倒しに行くプランも取られていたが、デュエル・マスターズ グランプリ4thに合わせてメテオバーン覚醒以外で覚醒した場合は進化元はそのまま《ストーム G・XX》の下にとどまる裁定となったため不可能となった。

また、アンタッチャブルを持つ踏み倒しメタ《異端流し オニカマス》がいる場合はライブラリアウトに失敗すると展開したバトルゾーンの大半がリセットされてしまう。このことから《悠久》と合わせられると非常に厳しくなるので注意。


ミケニャンコクロック型

上記のライブラリアウト型が《悠久》で封殺される、自壊手段が《ダースシスK》に依存しているなど弱点を考慮した結果、流行りだしたデッキ。ざっくり説明すると、相手のターンのはじめに《終末の時計 ザ・クロック》コスト踏み倒しして、事実上のエクストラターンを得るというデッキである。

主要カード

コンセプトは《ミケニャンコ》cipコスト4である《凶鬼34号 バッシュ》リアニメイトし、相手ターンのはじめに《バッシュ》が破壊されpig《魔龍バベルギヌス》リアニメイト。《バベルギヌス》のcip《終末の時計 ザ・クロック》リアニメイトして事実上のエクストラターンを得るというもの。さらに、《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》が一度バトルゾーンに出てしまえばそこからループに突入する。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:17:50