【バニラオーラ】

バニラGRクリーチャー《アクア・ティーチャー》でサポートしつつオレガ・オーラで強化するデッキ。青単ないし青黒で組まれる。
従来の【バニラビート】と違い《駱駝の御輿》による大量展開こそできないが、最大の弱点であった「アドバンテージが取れるカードが少ない」点を克服している。

後に自然のオーラも登場したが軒並みコストが高めであり、今の処デッキに入るまでには至っていない。仮に自然を追加するとしたら《トレジャー・ナスカ》が入る利点があるので今後の展開次第だろう。

ア・ストラ・ゼーレ MAS 水文明 (6)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +6000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

アクア・ティーチャー C 水文明 (1)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ハンター 1000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
カードに能力が書かれていないクリーチャーを召喚した時、カードを1枚引いてもよい。

主要カード

主要オーラ

候補オーラ

その他候補カード

超GRゾーン

このデッキの回し方

まず《アクア・ティーチャー》《*/零幻チュパカル/*》を立ててからオレガ・オーラを継続的にプレイする。《プロト・コア》でさらにコスト軽減できるとなお良い。手札が尽きにくい為、軽量級オーラを連打する事が可能。

《ア・ストラ・ゼーレ》で相手クリーチャーをバウンスしたり《無修羅デジルムカデ》で相手にタップインを強要したりして盤面を制圧し、相手がジリ貧になったところで1ショットキルを仕掛ける。

長所

GR召喚したバニラパワーによっては《“乱振”舞神 G・W・D》バトルで勝つラインに達するので、【バニラビート】の一種だが単体の軽量除去には強い。

手札を潤沢に保ちやすいので、《極幻夢 ギャ・ザール》《*/弐幻ケルベロック/*》の組み合わせで加速度的にオレガ・オーラを装着し続けることが可能。

タップインを強要されるとそれだけで負けるデッキもあるので、《無修羅デジルムカデ》の刺さりようによっては勝利が確約される。
《アクア・ティーチャー》除去されても、オレガ・オーラを装着したクリーチャービートダウンするという勝ち筋が用意されている。

何より他のオーラデッキより安価で作りやすい。カード資産の少ない初心者にも向いているだろう。

短所

確定除去《ヴォルグ・サンダー》など、山札クリーチャーをほとんど積まないデッキの弱点がこのデッキにも当てはまる。
《ヴォルグ・サンダー》プレミアム殿堂したので少しは使いやすくなったか。

バウンス除去の主体なので、スピードアタッカーの多いデッキには苦労しやすい。

【オーラミッツァイル】

BAKUOOON・ミッツァイル SR 火文明 (9)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 9000
このクリーチャーを召喚する時、自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを召喚する時に破壊されたクリーチャー1体につき、GR召喚する。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

【バニラオーラ】のドロー力を《BAKUOOON・ミッツァイル》のGR召喚によって増幅させたタイプ。山札カードのほとんどを引き切るのが狙いであり、理想としては《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》によるカウンター封じを目指す。要は【バニラオーラ】に《BAKUOOON・ミッツァイル》と火マナ、《単騎連射 マグナム》《音精 ラフルル》を突っ込んだだけのデッキタイプである。

参考