【バビロニアマッドネス】

《蒼神龍ヴェール・バビロニア》マッドネスのギミックの中心にしたマッドネスデッキの一種。

蒼神龍ヴェール・バビロニア R 水文明 (5)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/オリジン 4000
自分がカードを1枚引く時、1枚のかわりに2枚引いてもよい。そうした場合、自分の手札を1枚捨てる。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見て、その中から1枚選ぶ。相手はそれを自身の山札の一番下に戻した後、カードを1枚引く。

ハッスル・キャッスル R 自然文明 (5)
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。
この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。

基本的な流れは以下の通り。

  1. 《蒼神龍ヴェール・バビロニア》《ハッスル・キャッスル》を出しておく。
  2. 相手に強制攻撃させ、ニンジャ・ストライクを発動し、ドロー
  3. 《蒼神龍ヴェール・バビロニア》置換効果で2枚ドローし、1枚捨てる。
  4. 捨てる代わりにマッドネスクリーチャーを出す。《ハッスル・キャッスル》の効果でドロー。
  5. 3へ戻る。マッドネスが出続ける限り、無限ループ。

《蒼神龍ヴェール・バビロニア》の効果で相手の妨害策を阻止することができるため、成功率はそこそこ高め。それでも当然ながら《蒼神龍ヴェール・バビロニア》《ハッスル・キャッスル》が破壊されるなどするとこのギミックは成立しなくなるため、その他にもハンデス《霊騎秘宝ヒャックメー》などを入れたほうが安定するだろう。

主要カード

《蒼神龍ヴェール・バビロニア》核1 展開の要
《ハッスル・キャッスル》核2 展開の要
《斬隠蒼頭龍バイケン》強力マッドネスクリーチャー
《翔竜提督ザークピッチ》マッドネスクリーチャー
《光牙忍ハヤブサマル》キーとなるニンジャ・ストライク持ち
《斬隠テンサイ・ジャニット》上記同様 【速攻】相手に普通に牽制も
《強制突撃》強制攻撃を促す
《ファントム・ベール》上記同様
《悪魔聖霊バルホルス》上記同様
《霊騎秘宝ヒャックメー》ギミックが機能しなかった場合の保険

最低でも5マナ以上は溜まるため、《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》《ソウル・アドバンテージ》等のマッドネスとは無関係のカードを入れて通常通りの動きをしつつマッドネスを狙う、といった動きをしてもいいかもしれない。
ただ、あまりにも柔軟な動きばかり重視すると本来の目的である「バビロニアとハッスル・キャッスルでマッドネスクリーチャーを出し、一気にトドメを刺す」という動きが達成しにくくなってしまう。
総じてバランスが難しいデッキであるといえる。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:47:37