【バラギアラループ】

《天地命動 バラギアラ》輪廻∞を使い、過剰なマナブーストを絡めてマナタップアンタップを繰り返しそこから大型のフィニッシャーを出すデッキ
《天地命動 バラギアラ》が実質すべての文明を持っている為、プレイヤーによって構築がガラリと変わる。
《天地命動 バラギアラ》は、最大20枚入れることが可能だが、実際に20枚入れると事故りやすい。逆に2種・8枚、2色程度でも運用は可能である。

始虹帝 ミノガミ MAS 自然文明 (5)
クリーチャー:グランセクト 5000+
マッハファイター
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を表向きにしてもよい。そうしたら、その中のツインパクトカードをすべて自分のマナゾーンに置き、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。こうしてマナゾーンに置いたカード1枚につき、このターン、このクリーチャーのパワーを+5000する。
無敵虹帝:自分がゲームに負ける時、または相手が勝つ時、かわりに自分のマナゾーンにあるカードを8枚、シャッフルしてから山札の一番下に置く。

コンダマ P 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 4000
ツインパクトカードを自分のマナゾーンに置いた時、自分のマナゾーンにあるカードを1枚アンタップする。
魂フエミドロ P 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがツインパクトカードなら、自分の山札の上からもう1枚、マナゾーンに置く。

天地命動 バラギアラ MHZ 自然文明 (9)
クリーチャー:マスター・ハザード/グランセクト 17000
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。
輪廻∞:このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたまま唱えてもよい(コストは支払う)。そうした時、バトルゾーンにある自分の《天地命動 バラギアラ》1体につき、自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置く。
T・ブレイカー

主要カード

候補カード

自然

《天地命動 バラギアラ/天上天下輪廻独尊》マナゾーンに置く時、タップしない。呪文側は自身のクリーチャー全てにワールド・ブレイカーを付与
《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》マナブースト
《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》マナブーストマナ回収
《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》クリーチャー側はマッハファイター破壊されるとマナゾーンに。呪文側は手札交換マナブースト
《レレディ・バ・グーバ/ツインパクト・マップ》クリーチャー側はS・トリガー効果バトル持ち。呪文側はツインパクトカードサーチ
《暴命天 バラギアラ/ガイアの目覚め》S・トリガー クリーチャーバトルゾーンマナゾーン無敵虹帝ドローで手札に戻せる
《ファビュラ・スネイル/ゴルチョップ・トラップ》S・トリガー
《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》
《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》呪文側はS・トリガー。クリーチャーの除去だけでなく実質シールド焼却もできる
《虹出づる繭 ミノガミ/帝の目覚め》クリーチャー側はマナにあるツインパクトの染色、マナ回収呪文側は墓地のカードをマナゾーンへ置き、マナからツインパクトを回収
《エンレメン》マナブースト、マナの染色
《薫風妖精コートニー》マナの染色
《薫風の面 ニャス》
《S.Q.QX/5.S.U.》キーカードサーチ
《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》自然主体のフィニッシャー。クリーチャー側は相手が山札を見る行為を禁止にする効果とシールド焼却持ち。呪文側は除去
《雪風妖精チャユニクス/スノー坊のパトロール》マナ回収マナブースト

多色

このデッキの回し方

基本的な流れとしては、輪廻∞による手札消費なしのマナブーストマナブースト時のライブラリアウト無敵虹帝により山札回復に置換する。そこに《コンダマ》も合わされば1枚のプレイタップするマナ≦その後アンタップするマナループに持ち込める。

  1. まず、《バラギアラ》を召喚限定cipも活用してバトルゾーンに複数体並べ、1回の輪廻∞で多くマナブーストされるようにする。
  2. 次に《コンダマ》《始虹帝 ミノガミ》バトルゾーンに出す。
  3. 輪廻∞アンタップ状態で置かれるマナ《コンダマ》のアンタップ、《始虹帝 ミノガミ》無敵虹帝を使いタップしたマナ山札送りすることでマナが枯渇しない。

バトルゾーンに《バラギアラ》×3、《コンダマ》×1、《ミノガミ》×1の状態だと、

  • 輪廻∞で《輪廻暴冥》を唱える場合なら6マナ支払う
  • 《バラギアラ》×3なので山札から3枚マナに置く(多色以外ならアンタップイン)
  • 《コンダマ》が誘発し、置いたツインパクトの数だけマナを起こす(最大3枚アンタップ)
  • 全部単色・ツインパクトだと残りマナが減らず山札だけ減っていくことになる
  • 山札がなくなったら無敵虹帝で山札回復と疑似マナ回収を行う

《コンダマ》がいないと、「輪廻∞で支払うコスト≦《バラギアラ》の数」にしないとループにならない。

バトルゾーンを制圧した後は、《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア》《天上天下輪廻独尊》ワールド・ブレイカーにして相手のS・トリガーを封じたり、《水上第九院 シャコガイル》を出してそのままループした後にエクストラウィンでフィニッシュといろいろなパターンがある。

フィニッシュループ

上記のマナブーストループに加えて《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》3枚、《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》1枚が必要。

  1. 必要カードを山札回復によって山札に送り、《輪廻暴氷》でそれらをサーチする。
  2. 《マッド・デーモン閣下》を召喚。輪廻∞無敵虹帝アンタップマナを作り、2体目を召喚。
  3. 《「本日のラッキーナンバー!」》唱える
  4. 《デーモン・ハンド》唱える。唱えた後に《マッド・デーモン閣下》ハンド呪文詠唱能力《マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド》《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》を回収。アンタップマナを2.と同じように生成して、これをフィニッシュに必要な回数繰り返し、そのまま1ショットキルする。

長所

《コンダマ/魂フエミドロ》がほぼ4枚積み、《始虹帝 ミノガミ》と各《天地命動 バラギアラ》が適量入ること、デッキの大部分がツインパクトになること以外の自由度はかなり高い。

短所

文明を偏らせすぎると輪廻∞で唱えようにもマナが足りず色事故を起こしかねない。デッキビルディングやマナゾーンに置くカードに気を配りながら事故を起こさないよう用心しておきたい。
また同名のクリーチャーが大量に並ぶため、同名クリーチャーを破壊する《天使と悪魔の墳墓》や同名クリーチャーを展開できなくする《A.Q.C》を使われると戦略が崩壊してしまう。

サンプルレシピ

デュエル・マスターズ全国大会2018」ベスト4(DM・双マーク2ブロック構築で行われた予選1回戦から3回戦用のデッキ)
レシピはタカラトミー公式テキストカバレージより

環境において

デュエル・マスターズ全国大会2018」ベスト4(DM・双マーク2ブロック構築)、「DMGP-8th」Day1(双・超マーク2ブロック構築)準優勝の実績を残しており、2ブロック構築ではデッキパワー十分のアーキタイプ。

その他

ツインパクトを主軸に置いている為、【白緑ツインパクト】と同じくDMBD-08の自然大暴走の方はこのデッキの雛型に最適である。

参考