【バルス・カイザー】

《熱血ボス!バルス・カイザー》能力ハンターを連鎖的にコスト踏み倒しするデッキ

相性のいいハンターを中心にフルクリーチャー気味に組まれる。

熱血ボス!バルス・カイザー VR 火文明 (6)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 6000+
自分のハンターが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置く。そのカードが、攻撃している自分のハンターよりコストが小さい、進化ではないハンター・クリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。
ハンティング
W・ブレイカー

反撃の城 ギャラクシー・ファルコン R 火文明 (1)
城−自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
バトルゾーンにある自分のハンターはすべて「スピードアタッカー」を得る。

主要カード

クリーチャーの候補

スピードアタッカー持ち

その他の候補

超次元の候補

ハンターのサイキック・クリーチャー

このデッキの戦い方

2コストブースト《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタート。サーチ《爆走鬼娘モエル・ゴー》や、サイキックを展開する《アパッチ・ヒャッホー》《カモン・ピッピー》にすばやく繋ぐ。

何体かハンターが並んだところで、《熱血ボス!バルス・カイザー》召喚ハンタービートダウンしながらコスト踏み倒しを開始する。

《熱血ボス!バルス・カイザー》がいれば、自分のハンター攻撃する時に山札の上墓地に送り、それが攻撃しているハンターよりマナコストが低い進化でないハンターならば墓地から出すことができる。

《激流アパッチ・リザード》から出せる《ガイアール・カイザー》や、コスト軽減で出せる《オニウッカリ 爆マル》はともに出しやすいスピードアタッカーであり、相性はいい。

また、《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》要塞化すれば、出したハンターをすべてスピードアタッカーにできる。新たに出されたハンターが更なる攻撃を助長するため、上手く回れば次々にハンターが並び、相手のシールドを一気にブレイクできるだろう。

大型と小型の割合を1:2ほどにすると効率よくコスト踏み倒しがしやくすなるため、デッキビルディングをうまく工夫したい。

このデッキの弱点

《熱血ボス!バルス・カイザー》で踏み倒しするためには、攻撃しているハンターよりもマナコストが小さいハンターがめくれなければならないため、やや安定性が低い。

気になるならば《絆の戦士ファンク》山札操作に頼るといいだろう。もしくは、墓地に落ちたハンター《ミラクル・リ・ボーン》で釣り上げるという手もある。

また、コスト踏み倒しを多用する都合上、《早撃人形マグナム》《ウソと盗みのエンターテイナー》は天敵。見かけたら《狩人秘伝ハンター・ファイア》などですぐに除去したい。
もしくは、《熱血ボス!バルス・カイザー》が出るまでに出したハンター破壊されてしまうと、うまくその性能を発揮できない。除去が得意なデッキは苦手な部類に入る。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:01:51