【バロム・ミステリー】

自分のデーモン・コマンドバトルに勝つと手札からデーモン・コマンドを踏み倒す《偽りの悪魔神 バロム・ミステリー》を主軸にしたデッキ

偽りの悪魔神(コードデーモン) バロム・ミステリー P 光文明 (7)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド/アンノウン 12000
進化−自分のデーモン・コマンド1体の上に置く。
自分のデーモン・コマンドがバトルに勝った時、カードを1枚引いてもよい。その後、進化でないデーモン・コマンドを1体、手札からバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー

バトルを発生させるには、やはりタップカードでタップキルを発生させるのが手っ取り早い。《偽りの悪魔神 バロム・ミステリー》進化でないデーモン・コマンドなら文明を問わずに出せるので、を共存させることも出来る。

素早く出すためにも、マナブースト自然と組み合わせた【白黒緑コントロール】として組まれることが多い。

主要カード

デーモン・コマンドの候補カード

タップカードの候補

その他

このデッキの使い方

【白黒緑コントロール】の定石通り、《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタートして《解体人形ジェニー》に繋ぐ。
その後は《ハッスル・キャッスル》を張ったり《超次元シャイニー・ホール》から《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》を出したりしてドローソースを確保。各種デーモン・コマンドフィールドアドバンテージを得ていく。

7マナ貯まったら《粛清者モーリッツ》を出してタップキルを開始。《粛清者モーリッツ》が立っている状態で《偽りの悪魔神 バロム・ミステリー》を出せば、相手クリーチャータップできるので、そのまま適当なクリーチャーを殴り潰して手札からデーモン・コマンドを踏み倒す。1枚ドローしてから踏み倒すので不発は少ないだろう。最低でも手札補充にはなる。

そうすると《粛清者モーリッツ》能力がまたトリガーするので、別のデーモン・コマンドタップキルして更なるコスト踏み倒しが狙える。

《粛清者モーリッツ》がいなくとも《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》《魔天聖邪ビッグディアウト》cipタップできる。また、普通に《魔刻の斬将オルゼキア》《狼虎サンダー・ブレード》で敵獣を破壊してしまった場合、手札からのコスト踏み倒しはできないものの、フィールドアドバンテージは奪えているので特に問題はない。

強力な大型デーモン・コマンドを多数搭載できるので、マナブーストさえ決まれば安定して戦えるだろう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:16:32