【パロロスコール】

《回神パロロ》《剛勇霊騎エシャロット》能力を併用することで《ドリル・スコール》ループさせ、1ターンで相手のマナを全て破壊するコンボデッキ。

回神パロロ R 闇/自然文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/グランド・デビル/ビーストフォーク 5000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
カードが自分のマナゾーンから墓地に置かれる時、墓地に置くかわりに手札に加えてもよい。
G・リンク《戦神アロロ》の右横
このクリーチャーがリンクしていてバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。

剛勇霊騎エシャロット UC 光/自然文明 (2)
クリーチャー:アーク・セラフィム/ワイルド・ベジーズ 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
O・ドライブ−光×1と自然×1
OD−このターン、自分のカードを手札またはバトルゾーンから墓地に置く時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置いてもよい。

ドリル・スコール C 火文明 (1)
呪文
カードを1枚、自分のマナゾーンから自分の墓地に置く。その後、相手はカードを1枚、自分自身のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。

バトルゾーンに《回神パロロ》×1、手札に《剛勇霊騎エシャロット》×1、《ドリル・スコール》×1、マナゾーン文明のカード×2、自然文明のカード×2、《ドリル・スコール》×1を揃えた状態からコンボが起動する。

  1. 手札の《剛勇霊騎エシャロット》を召喚、O・ドライブ発動。
  2. 《ドリル・スコール》を使用。マナゾーンの《ドリル・スコール》を《回神パロロ》の能力で手札へ回収し、相手のマナを1枚破壊。
  3. 使用した《ドリル・スコール》は《剛勇霊騎エシャロット》のO・ドライブによってマナゾーンへ置かれ、火マナが一つ増える。それを使って、マナゾーンから回収した《ドリル・スコール》を再び使用。
  4. 2〜3を何度も繰り返す事で、相手のマナだけが全て墓地に置かれる。

コンボパーツの違いこそあるが、《剛勇霊騎エシャロット》の能力によって1マナ呪文を使いまわすという点でレオポルエシャロット?ランデス特化型とも言える。

《剛勇霊騎エシャロット》を使用した他のコンボデッキと比較すると、《回神パロロ》が居る状態で使用される《カラフル・ダンス》によって、手札とマナにコンボパーツをすぐさま揃えることができる。そのため、序盤のマナ調整や手札保持に関してそこまで注意を払う必要がない。
一度相手のマナを破壊し尽くし、自分は《龍仙ロマネスク》などで豊富なマナを揃えれば勝ったも同然。《戦神アロロ》G・リンクさせて攻め込むのも良し、巨大クリーチャーや重呪文を使うのも良しで、フィニッシュの仕方は自由となる。

反面、《回神パロロ》が召喚できない、もしくはすぐに除去されてしまった場合は動きがかなり鈍ってしまうのが難点と言える。また、《停滞の影タイム・トリッパー》《封魔ゴーゴンシャック》《光波の守護者テルス・ルース》などを出されるとコンボが成立しないのも同じく弱点と言える。

コンボ自体は相手のマナを全て奪うのみに留まり、そのターン中にとどめに移行できるわけではないので、レオポルエシャロット?のような即死級の威力はもたないが、一度決まればほとんど勝利に直結するコンボではある。むしろコンボの手順そのものはかなり簡略であるため、対戦相手への説明にあまり困らないのはコンボデッキとしての長所と言える。

  • 現在は新たに手札に加わったカードはO・ドライブの対象外であり、回収した《ドリル・スコール》を唱えてもマナゾーンには行かないためランデス回数が制限される。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 11:20:20