【ヒラメキシャコガイル】

《ヒラメキ・プログラム》の効果や《クイーン・アマテラス》のcipなどを主軸としたコンボデッキで、《水上第九院 シャコガイル》をフィニッシャーとする。【クイーン・アマテラスループ】【ヒラメキドレーン】の折衷型と言える。色は青黒赤で組まれる。
《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》の性質も強いので【エザワシャコガイル】とも呼ばれる。

クイーン・アマテラス P 水文明 (8)
クリーチャー:ナイト/サムライ/オリジン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からコスト6以下の、クリーチャーではないカードを1枚選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。山札をシャッフルし、その後、そのカードを手札からコストを支払わずに使う。

ヒラメキ・プログラム R 水文明 (3)
呪文
自分のサイキックではないクリーチャーを1体破壊する。その後、自分の山札の上から、その破壊されたクリーチャーよりコストが1多いクリーチャーが出るまで、カードをすべてのプレイヤーに見せる。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

水上第九院 シャコガイル SR 水文明 (9)
クリーチャー:ムートピア 13000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加え、シャッフルする。
相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。
自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。

主要カード


回し方

バトルゾーンに《Dの機関 オール・フォー・ワン》と《鬼の襲撃 モエル》が、手札に《クイーン・アマテラス》が必要。

  1. ターン終了時、《モエル》を《オール・フォー・ワン》の効果によって破壊。《クイーン》をバトルゾーンへ。
  2. 《オール・フォー・ワン》のDスイッチ発動。この時点で《クイーン》のcip2回分と《モエル》のpig1回分が待機。
  3. 《モエル》のpigを先に解決し、《真実の名 アカデミー・マスター》バトルゾーンへ。
  4. 《クイーン》のcip1度目で、山札から《インフェルノ・サイン》を唱え、《モエル》をリアニメイト
  5. 《クイーン》のcip2度目で《ヒラメキ・プログラム》を使い、《クイーン》を破壊し、《水上第九院 シャコガイル》を踏み倒す。
  6. 《アカデミー・マスター》の能力で《ヒラメキ》を墓地から唱え、《モエル》を破壊して《黒神龍エンド・オブ・ザ・ワールド》に。この時点で《シャコガイル》と《エンド・オブ・ザ・ワールド》のcipが1回ずつ待機。
  7. 《シャコガイル》のcipで山札回復。
  8. 《エンド・オブ・ザ・ワールド》の能力で山札が3枚になるように墓地に置く。ターンエンド。
  9. 次の相手のターンのはじめ、自動的に敗北を勝利に置き換え。

長所

コンボデッキとしては手順が簡単な上に、手札やバトルゾーンに要求されるカードが非常に少ない。
また、《シャコガイル》のエクストラウィンが常在型能力による敗北回避能力でしか回避できないため、フィニッシュ性能が極めて高い。《サイバー・ブック》《ネクスト・チャージャー》によって手札落ちしたキーカードを山札に送ることもできる。
呪文も踏み倒しで唱えるため、ある程度は呪文メタに対して強気に出ることができる。

短所

コンボで踏み倒したクリーチャーの内《シャコガイル》が次の相手のターンのはじめまでバトルゾーンに残っていなければならないため、コスト踏み倒しメタの影響を受けるのが怖い。
チェイン・コンボに近いためS・トリガーなどの防御札はせいぜい4、5枚程度しか用意することができず、速攻にも若干弱い。速攻やシステムクリーチャーには《温泉 湯あたり地獄》である程度対処できるものの、逆に言えばデッキスペース上その程度しか除去札は用意できず、《ウソと盗みのエンターテイナー》などを出されると詰む恐れがある。
コスト踏み倒し系のデッキを重く見て、いっそS・トリガーを切って《異端流し オニカマス》を構えるのも1つの手である。


その他

DMRP-03発売開始当日には既に有志によってこのデッキの対戦動画が公開されていた。それだけ《シャコガイル》の能力が注目を浴びたという表れである。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 11:17:30