【ビーストフォーク】

種族としてのビーストフォーク→ビーストフォーク

各種ビーストフォークでマナブーストしながら殴るビートダウン

デュエル・マスターズ初期から組まれており、様々なタイプが組まれた。デッキの自由度は高く、ビーストフォークの得意なマナブーストクリーチャー戦を生かし、それらとシナジーを形成するカードで構成される。

主要なビーストフォーク

ビーストフォークの進化

相性のいいカード

闘魂編から聖拳編ではと組んで《雷鳴の守護者ミスト・リエス》によるドロー補強や優秀なブロッカーを使う【白緑コントロール】の形が主流。代表的なものは【牙デルフィン】など。

もちろん種族デッキなので《光器ペトローバ》がよく使われることも多かった。このタイプは構成されるカード【白緑ビートダウン】【マナソース】に近いが、ここではビーストフォーク種族をメインのアタッカーに据えて組んだものを【ビーストフォーク】として扱う。

手札補充に乏しく、《ハッスル・キャッスル》などのドローソースを設置できない場合、展開が一気に停滞しかねず多少脆い一面もある。しかし、一度波に乗って回り始めれば、もとより戦闘面では強力であるし、増えたマナを使って様々な行動を起こすことが可能。

他のの文明との組み合わせで組まれることもある。この場合、【青赤緑ビートダウン】【除去ボルバル】に近い構成を取ることが多い。

年々優秀なカードに恵まれ、ステロイド緑単の中速ビートダウン型も組めるようになった。エピソード2では【バニラビート】軸、エピソード3ではガードマン軸のデッキタイプを獲得。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:49:46