【ファンキー・ナイトメア】

種族としてのファンキー・ナイトメア→ファンキー・ナイトメア

進化クリーチャーである《デュエにゃん皇帝》侵略して進化元を積んでpigで一気に展開するビートダウンデッキ。
《デュエにゃん皇帝》を使うことから【デュエにゃん皇帝】とも呼ばれる。

デュエにゃん皇帝 VR 闇文明 (5)
進化クリーチャー:ファンキー・ナイトメア/侵略者 6000
進化−自分のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−ファンキー・ナイトメア
W・ブレイカー
このクリーチャーの攻撃の終わりに、コスト6以下の進化ではないファンキー・ナイトメアを1体、自分の墓地からこのクリーチャーの下に置く。
このクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーの下にあったファンキー・ナイトメアをすべて、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

龍覇 ウルボロフ R 闇文明 (6)
クリーチャー:ファンキー・ナイトメア/ドラグナー 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト2以下のドラグハート1枚、または、コスト4以下の闇のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
スレイヤー

滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル ≡V≡ 闇文明 (4)
ドラグハート・ウエポン
このドラグハートをバトルゾーンに出した時、または、これを装備したクリーチャーが攻撃する時、コスト5以下のファンキー・ナイトメアを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
龍解:自分のターンの終わりに、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップして置いてもよい。そうした場合、自分のクリーチャーを4体破壊する。
龍解後⇒《魔壊王 デスシラズ》

メインカード

《デュエにゃん皇帝》すべてのクリーチャーから進化でき、ファンキーから侵略するクリーチャー。攻撃終わりに墓地のファンキー・ナイトメアをこの下に仕込む
《龍覇 ウルボロフ》さらなる踏み倒しを持つ《ゴートゥヘル》を出せるドラグナー。《デュエにゃん皇帝》の攻撃終わりに下に仕込める
《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》バトルゾーンに出た時に《デュエにゃん皇帝》を蘇生

ウィニーの候補

ドラグナー

《龍覇 ニンジャリバン》コスト3のドラグハートを出せる汎用ドラグナー
《龍覇 ドクロスカル》最軽量のドラグナー
《極・龍覇 ヘルボロフ》最重量のドラグナー。唯一《ウェルカム・ヘル》を出せるファンキー・ナイトメア

ドラグハート

《魂喰いの魔狼月下城》闇のクリーチャーをすべてスレイヤー化
《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》cipとドラグナー攻撃時、コスト5以下の闇のクリーチャーを蘇生
《龍魂城閣 レッドゥル》クリーチャー1体をSA化
《龍芭扇 ファンパイ》自爆特攻によるライブラリアウトを狙うなら

その他

ひたすらファンキー・ナイトメアを展開して攻撃していく。
軽量クリーチャーは多数いるが墓地を肥やして戦うデッキであることから《オタカラ・アッタカラ》を優先的に出したい。
そして次ターンに《デュエにゃん皇帝》に侵略しよう。攻撃の後進化元を補充できるが狙うのは《龍覇 ウルボロフ》

《龍覇 ウルボロフ》から出せる《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》でさらに展開してやろう。相手のターンに破壊された場合、《龍覇 ウルボロフ》の上に《デュエにゃん皇帝》を重ねて再攻撃できるのも強み。

ある程度重なったら相手の破壊を待たず自ら破壊することも考慮に入れよう。ターンのはじめに破壊できる《ステニャンコ》マナ武装によりターンのおわりに破壊できる《葬英雄 ゲンセトライセ》の2種類が存在するのでうまく使い分けるべし。

デッキの強みとしては破壊に滅法強い点。殴り返されても進化元が復活し逆に頭数を増やしてしまう羽目になることも。

ただし全体的にパワーが低く、《デュエにゃん皇帝》侵略できなければ速度は一気に落ちる。ドラグナーがいる為、《デュエにゃん皇帝》なしでもある程度カードパワーがあるが《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》はフォートレスでないので《龍覇 ウルボロフ》が除去されると厳しいので注意しよう。またデッキにコマンドがあまり入らないため、バトルゾーンから離さない除去である封印に弱いため過信は禁物。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:23:08