【フレイム・コマンド】

種族としてのフレイム・コマンド→フレイム・コマンド

《爆裂のイザナイ ダイダラ》光臨によって7コスト以下のフレイム・コマンドをリクルートするデッキ。

爆裂のイザナイ ダイダラ UC 火文明 (5)
クリーチャー:オラクル/フレイム・コマンド 4000
光臨−自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト7以下のフレイム・コマンドを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

フレイム・コマンドにはいくつか優秀なカードが見られたが、DMR-09《爆裂のイザナイ ダイダラ》が登場したことで、種族デッキを組む意義が生まれた。

主要カード

フレイム・コマンドの候補

その他の候補

コスト踏み倒しで出す候補としては、強制バトル《爆竜トルネードシヴァXX》が手頃で使いやすい。

cip持ちでは火力を放つ《爆竜ンゴロ・ンゴロ》《爆竜 バトラッシュ・ナックル》、1ドローしてターンのはじめに味方をバウンスする《即効!ホット・スプリングス》《銃神兵ディオライオス》のような除去を放つ《最強横綱ツッパリキシ》など、粒ぞろいである。

DMD-15に収録された《爆竜勝利 バトライオウ》も組み合わせやすい。バトライオウ?との折衷型も見られる。

フレイム・コマンドが並ぶため、《時空の精圧ドラヴィタ》覚醒条件を容易に満たせるのも見逃せない。普段はなかなか拝めない《龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ》の雄姿を堪能できるだろう。

メインカラーのマナブースト自然に、ハンデスカードを組み込んだ黒赤緑が多い。もしくはを入れて【青赤緑ビートダウン】の基盤を生かすタイプも見られる。

《時空の精圧ドラヴィタ》《大神砕グレイトフル・ライフ》から出せるので、超次元呪文は必須ではない。

デッキの運用としては、やはり《ダイダラ》を素早くタップさせたい。幸い、《爆翔イーグル・アイニー》《キリモミ・ヤマアラシ》などは同じ文明などで使いやすい。
自然を入れてマナブーストするのも常道である。

入りの場合は《超次元サプライズ・ホール》から《時空の戦猫シンカイヤヌス》を出せるのが強力。《ダイダラ》を速やかに攻撃させる他、除去の的にもなってくれる。

デッキビルディングの幅は広く、プレイヤーによって様々な構築を取れるデッキタイプである。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:49:03