【ブルカノ・フドウ】

《爆双ブルカノ・フドウ》能力を活用するコンボデッキ

仁義によってブレイク数を一気に増やし、1ショットキルを狙っていく。

爆双ブルカノ・フドウ R 火/自然文明 (6)
クリーチャー:アース・ドラゴン/フレイム・コマンド 7000+
K・ソウル
W・ソウル
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
仁義(自分の他のクリーチャーがバトルゾーンまたはマナゾーンを離れた時、このクリーチャーの仁義能力を使ってもよい)
仁義−このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「パワーアタッカー+5000」を得、シールドをさらに1枚ブレイクする。
自分のファイアー・バードがバトルゾーンを離れた時、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体はタップされていないクリーチャーを攻撃できる。

《爆双ブルカノ・フドウ》バトルゾーンにある間、自分のクリーチャーバトルゾーンまたはマナゾーンから離れると、自分のクリーチャー1体のブレイク数を1つ増やせる。

複数枚離れるとその分効果が累積するため、1ショットキルも夢ではない。相性のいい《陰陽の舞》をはじめ、《カラフル・ダンス》《オットコマエ・ピーマン》とのコンボが可能。

《爆双ブルカノ・フドウ》文明である赤緑を中心に、ドローソースタッチされることが多い。

主要カード

仁義を発動させるためのカード

相性のいいカード

超次元の候補

このデッキの戦い方

これと言った定型は無く、プレイヤーによって組み方は異なるが、《爆双ブルカノ・フドウ》を出したらマナゾーン《陰陽の舞》マナ爆誕0を使い、即座に仁義を起動するのが基本となる。

序盤からクリーチャーを並べていき、打点が揃い次第、隙を見て1ショットキルを狙っていく。

理想的的な動きは以下。
2ターン目
《ダンディ・ナスオ》《陰陽の舞》マナゾーンに置く
3ターン目
《青銅の鎧》マナブースト
4ターン目
《次元流の豪力》《カモン・ピッピー》《勝利のリュウセイ・カイザー》を出す
5ターン目
《爆双ブルカノ・フドウ》を召喚。《陰陽の舞》をマナ爆誕しマナゾーンから自然のクリーチャーを墓地に置く。
すると、自分のクリーチャーブレイク数が+2される。

この場合、相手のS・トリガーニンジャ・ストライクを考慮しなければ1ショットキルが可能となる。

仮にそのターン中に《アクア・サーファー》《地獄門デス・ゲート》で後続が除去された場合でも、自分の場には《爆双ブルカノ・フドウ》が残るので、相手を追い詰めていける。

《コッコ・ルピア》《爆裂のイザナイ ダイダラ》《爆双ブルカノ・フドウ》を早期に出すこともできる。運よく1ターン《爆双ブルカノ・フドウ》が生き残れば、《オットコマエ・ピーマン》《カラフル・ダンス》で大量に仁義を発動させたい。

【緑単サソリス】のギミックを組み込むことも可能。
《龍覇 サソリス》《邪帝斧 ボアロアックス》を出せば、マナゾーンから適当な進化クリーチャーを《サソリス》に重ねて進化速攻できる。さらに、《邪帝斧 ボアロアックス》装備したクリーチャーが殴る時にもコスト踏み倒しが可能。これでマナ進化を出せば、さらに打点を増やすことができる。

【ジュラシック連鎖】とも相性がよく、《連鎖類覇王目 ティラノヴェノム》《連鎖類大翼目 プテラトックス》《掘師の銀》を出し入れ、と繋ぐだけで相手側1体のマナ送りと3回の仁義が決まる。

《爆双ブルカノ・フドウ》が立ってると相手は除去の手をそちらに向けるはずなので、別のフィニッシャーを用意することも可能。

ちなみに、マナ進化《母なる星域》で出した場合、《星域》で2回、マナ進化で1回分仁義が発動できる。

このデッキの弱点

デッキの性質上、ブロッカーの多いデッキは苦手。
《超次元シューティング・ホール》《超爆デュエル・ファイアー》などのブロッカー除去を使うか、《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《超次元の手ブルー・レッドホール》などでブロックされないようにするとよい。

《爆双ブルカノ・フドウ》スピードアタッカーではないため、普通に出すと除去されやすい。1ショットキルに特化するのではなく、あくまで可能なら狙う程度にとどめた方がデッキとしては安定しやすいだろう。


その他


このデッキの変遷

覚醒編期の全制覇挑戦パック Vol.2《爆双ブルカノ・フドウ》が登場すると、専用のコンボデッキが考案される。

当時は《カラフル・ダンス》が4枚積み可能だったため、そちらとのコンボを利用した「【ダンスフドウ】」が主流だった。

DM-39《陰陽の舞》が登場すると、そちらを4枚積みした「ヒッポフドウ」も考案された。

《陰陽の舞》マナ爆誕0とそれに伴うデメリットによって、ノーコストで仁義を2回分発動できる。《ダンディ・ナスオ》などでマナゾーンに準備できるので、2枚ほどマナゾーンに置いておけば、手軽にブレイク数を増やすことができた。

後に《カラフル・ダンス》エピソード1環境の2012年3月15日付けで殿堂入りし、このコンボを軸にするのは難しくなった。

その後は《陰陽の舞》を使った「ヒッポフドウ」が主流となったが、【ラララオプティマス】を規制するために《陰陽の舞》は2014年4月15日付けで殿堂入りデッキに採用できるのは1枚だけとなった。

現在では、大量に打点を増やすコンボだけに頼るので安定しないので、デッキのギミックの1つとして用意するのが無難だろう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:11:33