【プルート・デスブリンガー】

強力なメテオバーンを持つ《超神星プルート・デスブリンガー》フィニッシャーに置いた中速ビートダウンデッキ
優秀な軽量進化元と、メテオバーンやT・ブレイカーでのごり押しが魅力。

超神星プルート・デスブリンガー SR 闇文明 (4)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のデスパペット、グランド・デビル、ティラノ・ドレイクのいずれか3体を重ねた上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーを1体破壊する。
T・ブレイカー

軽量T・ブレイカーであり、攻撃時にメテオバーンで《チェイン・スラッシュ》を発射できる《超神星プルート・デスブリンガー》のビートダウン性を活かしたデッキタイプ
進化元となるデスパペットグランド・デビルティラノ・ドレイクはどれも優秀なクリーチャーが多いため、比較的進化しやすい。

《超神星プルート・デスブリンガー》であると、優秀なクリーチャーが数多く存在するグランド・デビルの色であるを加えた青黒の2色構成がメジャー。
場合によっては、そこにタッチまたは混色する。
《カラフル・ダンス》から《盗掘人形モールス》G・ゼロで展開→進化の流れを基本とする型も存在し、その場合は黒緑もしくは緑青黒で組まれることが多い。

無理に進化を狙わずとも、進化元だけでも攻撃していけるのも長所だろう。

主要カード

《超神星プルート・デスブリンガー》主力
《盗掘人形モールス》除去されやすいプルートのお供
《解体人形ジェニー》ピーピングハンデス兼進化元

候補カード

基本的にはビートダウンしていくデッキタイプであるため、軽量のブロッカーはあまり積まれず、2、3枚で十分なことが多い(《封魔ウェバリス》は1マナ進化元のため例外)。
手札が枯れやすく、また《超神星プルート・デスブリンガー》除去されると一瞬で攻撃の手が止まることも少なくないため、墓地回収要員として《盗掘人形モールス》はほぼ必須である。
メテオバーンで捨てた進化元を回収できたり、G・ゼロで芋づる式に展開できるのも重要。
《炎獄スマッシュ》などの軽量除去対策として、《封魔ゴーゴンシャック》は是非投入したい。

進化元パワーがあまり高くないので、序盤に《火焔タイガーグレンオー》などの火力系トリガーを踏んでしまった場合、自軍全滅で進化ができなくなることもありえる。進化するまで攻撃しないのも一つの手。

ブロッカー展開型のデッキにはメテオバーン能力もあり、強引に攻撃していけるが、反面除去呪文が多いコントロール系のデッキには簡単に息切れしてしまったりと、長所と短所がハッキリしているデッキでもある。

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 13:22:09