【ヘブンズマーシャル】

【ヘブンズ・ゲート】系デッキの派生の一つ。 《マーシャル・クイーン》の疑似コスト踏み倒し能力により、《ヘブンズ・ゲート》を連発する。(詳しくはマーシャル・クイーンのページを参照)
基本色であるをタッチさせて組まれる。

ヘブンズ・ゲート R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
進化クリーチャーではない光の「ブロッカー」を持つクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

主要カード

理想的な動きとして、
2ターン目に《コスモ・ポリタン》、3ターン目に《マーシャル・クイーン》に進化し、手札の《ヘブンズ・ゲート》を使用。手札から《奇跡の精霊ミルザム》を場に出してビートダウンしていく。

後続への繋ぎ方はいたって明確である。《ミルザム》の能力であるウルトラシールド・プラスで複数枚重なったシールドを《マーシャル・クイーン》の能力で回収し、その中にある《ヘブンズ・ゲート》を使用する。なお、複数枚重なったシールドの中の《ヘブンズ・ゲート》を使用する場合、同シールドから手札に加えられたブロッカーも《ヘブンズ・ゲート》の対象として選ぶことができる。

3ターン目にパワー5000の進化クリーチャーと大型ブロッカーが2体並ぶ姿は圧巻だが、その分手札の消費が激しいために《炎獄スマッシュ》《魂と記憶の盾》などで丁寧に除去されてしまうと、後続が全くと言っていいほど呼べなくなってしまう。《アクア・スーパーエメラル》などで、ウルトラシールド・プラスで幾重にも重なったシールドを手札に加えるシステムを投入することも必要である。

候補カード

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:40:32