【ヘブンズロマネスク】

【ヘブンズ・ゲート】系デッキの派生の一つ。
《ヘブンズ・ゲート》から《龍仙ロマネスク》を呼び出し、豊富なマナから更なる展開に繋ぐ。
デッキカラーは火・自然・光の三色で統一されることが殆ど。闇を入れた場合は【ブライゼシュート】に分類されることが多い。

ヘブンズ・ゲート R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
進化クリーチャーではない光の「ブロッカー」を持つクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

龍仙ロマネスク SR 光/火/自然文明 (6)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 5000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。
自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。

《龍仙ロマネスク》を《ヘブンズ・ゲート》で呼び出し、それを《緊急再誕》or《母なる星域》破壊して《聖霊王アルファディオス》を呼び出すのが理想のパターン。
進化元には《ヘブンズ・ゲート》で同時に出したクリーチャー(大抵はエンジェル・コマンド)を使えるのが利点。

主要カード

《ヘブンズ・ゲート》
《龍仙ロマネスク》
《トップ・オブ・ロマネスク》5枚目以降の《龍仙ロマネスク》
《緊急再誕》フィニッシャーに繋ぐ
《母なる星域》
《聖霊王アルファディオス》フィニッシャー。エンジェル・コマンドから進化
《超竜ヴァルキリアス》フィニッシャー。ロマネスクから進化

候補カード

《ボルバルザーク・エクス》全マナアンタップ。踏み倒して更に便利に
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《超竜ヴァルキリアス》から叩き込む
《音感の精霊龍 エメラルーダ》《ヘブンズ・ゲート》の手打ちを早める
《ライフプラン・チャージャー》マナ加速&手札補充
《御狐目 コンチ》マナ加速
《天門の精霊キバッテ・キャット》手札補充&エンジェル・コマンド
《聖鐘の翼 ティグヌス》ハンデスメタ
《プロテクション・サークル》対【速攻】用シールド補充&手札補充

かつては《龍仙ロマネスク》殿堂入りで廃れてしまったが、殿堂解除により復権を果たした。
後輩である《トップ・オブ・ロマネスク》も絡めることで安定したマナ加速&マナの色を確保することが出来る。

DMRP-06期には【ブライゼシュート】の中でもこのアーキタイプの機構をそのまま取り入れた型が主流化。増えたマナ《異端流し オニカマス》などをケアする手段となるので、《洗脳センノー》などでコスト踏み倒し自体を禁止されない場合は着実にアドバンテージを取れる。

一度爆発的マナ加速が達成できれば《制御の翼 オリオティス》などにも強く、手打ちで切り札を連発できる。

《ヘブンズ・ゲート》を打つまでが勝負なので、《タイム3 シド》のような呪文メタや《穿神兵ジェットドリル》のようなマナ加速メタを排除する工夫を組み込もう。
その場合《ナグナグ・チュリス》《双勇 ボスカツ闘&カツえもん武》が候補となるか。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:40:16