【ヘヴィ・デス・メタル】

DMC-40で登場した《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》《破壊神デス》切札に据えたデッキ
それらのリンク形態についてはこちら→ヘヴィ・デス・メタル
DMX-04で登場した転生版はこちら→《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》
DMX-21ではそれらとG・リンクできる《破壊神デスペラード》も登場し、そちらを加えて構築することもできる。

龍神ヘヴィ P 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 5000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のクリーチャー1体を破壊してもよい。そうした時、カードを1枚引き、相手は自身のクリーチャー1体を破壊する。
G・リンク《破壊神デス》または《龍神メタル》の左横
このクリーチャーがリンクしている時、相手クリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する。

破壊神デス P 闇/火文明 (10)
クリーチャー:ゴッド 11000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
トライ・G・リンク《龍神ヘヴィ》の右横または《龍神メタル》の左横、またはその間
このクリーチャーは、《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》の2体とリンクした時、相手のゴッド以外のクリーチャーをすべて破壊する。
このクリーチャーは、《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》の2体とリンクしている時「ワールド・ブレイカー」を得、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

龍神メタル P 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
W・ブレイカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクロスギア1枚か、相手のマナゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。
G・リンク《龍神ヘヴィ》または《破壊神デス》の右横
このクリーチャーは、リンクしている時「T・ブレイカー」を得る。
このクリーチャー、《龍神ヘヴィ》、《破壊神デス》の3体がリンクしていて《破壊神デス》がバトルゾーンを離れた時、このクリーチャーを《龍神ヘヴィ》とリンクしてもよい。

破壊神デスペラード P 闇/火文明 (8)
クリーチャー:ゴッド 5000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
トライ・G・リンク:《龍神ヘヴィ》の右横または《龍神メタル》の左横。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて破壊する。
このクリーチャーは、このカードにリンクしているカード1枚につき、シールドをさらにひとつ追加でブレイクする。

「ヘヴィ・デス・メタル」の両翼となる《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》はそれぞれが単体で優秀なゴッドである。

《龍神ヘヴィ》cip《黒神龍アバヨ・シャバヨ》のような除去を行ったあと1枚ドローでき、《龍神メタル》cipランデスクロスギア除去ができる。特に《龍神ヘヴィ》G・リンクしている間、相手クリーチャーに自身への攻撃を強要させるため、非常に制圧力が高い。

現在では新たに登場した《破壊神デスペラード》除去をテーマに構築されることが多い。

中心となるのはで、マナブーストのために自然が加えられることが多い。基本的に自由度は高く、プレイヤーによってはサイドカラーとしてドローや、呪文の扱いに長けたが加えられる。

主要カード

相性のいいカード

構築について

《破壊神デス》より早めにトライ・G・リンクを狙える《破壊神デスペラード》能力を目当てに組まれることが多い。《破壊神デスペラード》攻撃時に自身よりもパワーが低い相手のクリーチャーをすべて破壊する全体除去を放つ。

素のパワーは5000しかないものの、G・リンクで底上げしてやることで範囲を一気に広げることができる。《龍神ヘヴィ》なら10000、《龍神メタル》なら12000となるので、大抵のクリーチャーは一気に洗い流してしまえるだろう。

運よく《龍神ヘヴィ》G・リンク出来た場合、相手クリーチャーに自身への攻撃を強要できる。ウィニーの軍団ならばまとめて自爆させることができるので、ビートダウン相手には非常に心強い。

《破壊神デスペラード》の代わりに《破壊神デス》で《ヘヴィ》と《メタル》とのトライ・G・リンクに成功した場合、ゴッド以外を全て破壊した上に、アンタッチャブルワールド・ブレイカーを得る。さらに、パワーが23000になったところに攻撃を強要させるので、その時点でほぼ勝利が決定したような状況となる。

ただし、《破壊神デス》単体では10マナスピードアタッカーにすぎないため、少々頼りない。だが、オーバーキルなほどの破壊力と決定力は魅力的なので、一長一短と言える。

《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》《大地と永遠の神門》《インフェルノ・サイン》コスト踏み倒しできるが、8マナを超える《破壊神デス》《破壊神デスペラード》は少々取り回しが難しい。《黒神龍ドボルザーク》サーチしたり、《魔龍バベルギヌス》《ゴッド・オブ・ゼット》で踏み倒すなど、スムーズな運用に努めたい。

このデッキの弱点

G・リンクを前提とする以上、それを妨害されやすい。
当然相手も除去ハンデスを使ってくるため、《解体人形ジェニー》であらかじめ封じたり、《大地と永遠の神門》リアニメイトするなど、対抗手段は用意しておきたい。

また、《破壊神デスペラード》攻撃してタップ状態だと《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》で狙い撃ちされやすい。相手の超次元ゾーンに見えたら要注意である。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:15:37