【ベートーベン】

強力な無色ゼニスである《「戦慄」の頂 ベートーベン》フィニッシャーにしたデッキ

多くの強力なドラゴンを中心に構成される。

「戦慄」の頂 ベートーベン ≡V≡ 無色 (10)
クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス 13000
このクリーチャーを召喚してバトルゾーンに出した時、ドラゴンまたは無色呪文を合計3枚、自分の墓地またはマナゾーンから手札に戻す。自分の山札の上から3枚をマナゾーンに置いてもよい。その後、このクリーチャーをタップしてもよい。
相手のクリーチャーが攻撃する場合、可能であればこのクリーチャーを攻撃する。
T・ブレイカー
バトルゾーンにある自分のドラゴンとコマンドはすべて「エターナル・Ω」を得る。(「エターナル・Ω」を得たクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに手札に戻す)

《「戦慄」の頂 ベートーベン》バトルゾーンにいるだけで、自分のドラゴンコマンドエターナル・Ωを与え、相手クリーチャー攻撃対象を自身に固定させる。

さらに、召喚してバトルゾーンに出した場合、ドラゴンまたは無色呪文マナゾーンまたは墓地から回収し、山札の上からマナゾーンに3枚任意で加える。また、自身をタップできるので、わざわざ攻撃しなくとも、相手の攻撃対象を固定する能力を起動できる。

単純にカードパワーが高いカードであり、バトルゾーンに出せればそれだけで大きなアドバンテージを得ることができる。

主要カード

候補カード

単色

多色

無色

呪文の候補

単色

多色

超次元

連ドラ型の候補

無色サポート

|《戦慄のプレリュード》|無色を実質2マナ分軽減| 

基本的な戦術

《「戦慄」の頂 ベートーベン》ドラゴンおよび無色呪文が多く入り、なおかつマナブーストが得意なデッキと相性が良い。

ドラゴンの多いグッドスタッフや、ドラゴンの踏み倒しが得意な【連ドラ】、もしくは《戦慄のプレリュード》のような無色のサポートカードを使うデッキに入れるのが一般的である。

召喚すれば一度に3枚の手札補充ができ、タップされていれば攻撃対象を自身に固定するので、攻守両面に亘って活躍する。また、ドラゴンコマンドエターナル・Ωを与えるため、自身が除去されても手札に戻せるほか、《威牙の幻ハンゾウ》《魔刻の斬将オルゼキア》を使い回すことができる。

また、専用のアタック・チャンス呪文《運 命》がある。5枚ドローした後3枚相手に選ばせ、その中からドラゴンを踏み倒すことができる。この能力《「戦慄」の頂 ベートーベン》自身の能力とマッチしており、回収したドラゴンをスムーズに展開できるようになっている。

また、マナコストを払って手打ちしても十分に強力であり、《「戦慄」の頂 ベートーベン》手札に引き寄せつつ、あわよくば踏み倒すことができる。ただし、当然ながら召喚時の能力は使えない点は注意したい。

すでに《永遠のリュウセイ・カイザー》のようなスピードアタッカー付与するクリーチャーがいれば、タップさせずにそのまま攻撃して《運 命》アタック・チャンスを狙うのもいいだろう。

ターボゼニス型

大量のマナブーストから強力なゼニスおよびドラゴンフィニッシャーを繰り出すタイプ

召喚すればマナゾーンの損失なしにドラゴンまたは無色呪文マナゾーンまたは墓地から回収することができる。ドラゴンフィニッシャーを複数枚手札に加えられるため、さらに攻勢を加えられる。

マナブーストの手段としては《セブンス・タワー》《ガチンコ・ルーレット》などが有効。《飛散する斧 プロメテウス》《フェアリー・シャワー》も小回りが利くので頼りになる。

また、マナブーストが強力な【5色フェアリー・ミラクル】とも相性がいい。ドラゴン多色には《偽りの王 ヴィルヘルム》《偽りの王 モーツァルト》などの強力なものが多いため、すんなり入るだろう。

連ドラ型

《メンデルスゾーン》でのマナブーストの後、《竜星バルガライザー》《ミステリー・キューブ》で踏み倒す。破壊されたドラゴン手札に戻したり、《運 命》コスト踏み倒しが狙える。

《「戦慄」の頂 ベートーベン》タップされていると、攻撃の手をそちらに向けることができるので、守りの薄さを補うこともできる。

無色サポート型

無色クリーチャーコスト軽減する《戦慄のプレリュード》を活用するタイプもある。
《戦慄のプレリュード》を1回唱えると実質的に2マナ軽減されるので、合計8マナあれば召喚できるようになる。

《「戦慄」の頂 ベートーベン》召喚能力《戦慄のプレリュード》回収できるので、2体目以降の《ベートーベン》や、《黄金龍 鬼丸「王牙」》などの他の無色フィニッシャーの展開に貢献できる。

手札補充には《ニヤリー》《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》が使える。《神豚 ブータンPOP》《トンギヌスの槍》手札に加えて《「戦慄」の頂 ベートーベン》
能力で使い回してもいいだろう。

このデッキの弱点

ファッティが多くなる都合上、やはり【速攻】は苦手な部類に入る。

また、ドラゴンが多くのなるので、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》は天敵。運悪く先に出されてしまうと、バトルゾーンに出すことを封じられてしまう。

強力なグッドスタッフをふんだんに盛り込めるため、デッキ全体のカードパワーは高く、目立った弱点は少ない。環境に合わせたデッキビルディングプレイングを心掛ければ多くの相手と互角以上に戦えるだろう。


その他

  • 多くの強力なカードを採用できるためかなり強靭なデッキになりやすいが、その分構築費用が高くなりがちである。カード資産に自信があるなら組んでみるといいだろう。

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 01:17:36