【ベル・ヘル・デ・リンネ】

相手クリーチャー破壊されるとドラゴンコスト踏み倒しできる《邪蹄の悪魔龍 ベル・ヘル・デ・リンネ》コンセプトにしたデッキ

邪蹄の悪魔龍 ベル・ヘル・デ・リンネ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド・ドラゴン 6000
相手のクリーチャーが破壊された時、自分の山札をシャッフルする。その後、上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。そのカードが進化ではないドラゴンであれば、バトルゾーンに出す。それ以外であれば、相手は自身の手札から1枚選び、捨てる。
W・ブレイカー

中核となるマナブースト自然を入れた黒緑、もしくはそこにも足して【連ドラ】の要素を加えた黒赤緑で組まれることが多い。

基本となる動きはのみで完結しているため、黒単で組むことも十分可能。構築の自由度は高く、使用者の好みや環境に合わせて多様な構成がとれる。

主要カード

ドラゴンの候補

その他の候補

基本となる動きは《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》を使った【連デモ】と同一。除去能力を持ったドラゴンデッキを固めることで、連鎖的にコスト踏み倒しを狙っていく。

このデッキの動かし方

やはりマナブーストから素早く《邪蹄の悪魔龍 ベル・ヘル・デ・リンネ》を出したい。

自然入りなら、2マナブーストの《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタート。《ライフプラン・チャージャー》《解体人形ジェニー》《エコ・アイニー》に繋ぎたい。

を加えるならば【連ドラ】のギミックが使用可能。コスト軽減《コッコ・ルピア》や最大2マナブーストが可能な《メンデルスゾーン》が入るほか、ドラゴンを踏み倒す《紅神龍バルガゲイザー》も採用できる。

《邪蹄の悪魔龍 ベル・ヘル・デ・リンネ》を出したら除去能力を持つドラゴンで積極的に相手クリーチャー破壊を狙う。山札シャッフルしてドラゴンがめくれれば出せるので、展開と除去を同時に行うことが可能。外れてもハンデスできるので、反撃の芽を潰すことができる。

カードパワーの高い大型ドラゴンを多めに積めるのが長所。マナブーストさえ決まれば素のスペックの高さで押していける。コスト踏み倒しを駆使してW・ブレイカー持ちを3、4体出せれば勝利は近いだろう。

このデッキの弱点

コンセプト《邪蹄の悪魔龍 ベル・ヘル・デ・リンネ》除去されると動きが鈍ってしまう。

黒赤緑系列の弱点として、手札が切れやすい。連続してハンデスを喰らうと苦しいだろう。

大型ドラゴンを大量に積むことになるため、事故率も高め。この辺りは【連ドラ】デッキの共通の悩みではある。

ビートダウンの相手も苦手。とはいえ、ドラゴンS・トリガーをそこそこ積めるのである程度の耐性はある。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 02:07:32