【ベンゾビートダウン】

《暴発秘宝ベンゾ》アドバンテージ源とした変則的なビートダウンデッキ
スーサイド戦術を主とする。

暴発秘宝ベンゾ C 闇文明 (4)
クリーチャー:パンドラボックス 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを1枚選び、自分の手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

シールド・プラスS・トリガーによって《暴発秘宝ベンゾ》の長所をうまく活用し、アドバンテージを取っていく。
手間がかかるものの、シールド・プラスでの間接的なターボやS・トリガーでの展開、そして《キューティー・ハート》などのスーサイド系クリーチャーをうまく活かすことのできる、なかなかに面白いデッキである。

《暴発秘宝ベンゾ》の色であるは当然必須となる。
サイドカラーには《ピュアランダース》を擁するや、《エメラル》《アクア・スーパーエメラル》、そして前述の《キューティー・ハート》の色であるを投入することが多くなるだろう。
S・トリガーを軸にアドバンテージを取ることを考えれば、《深緑の魔方陣》を使えるの投入も検討できる。

シールド・プラスに頼らず、《暴発秘宝ベンゾ》を除いたほぼすべてのカードをS・トリガーで構成するタイプもあり、シールド・プラスによる爆発力こそ無いものの、《ベンゾ》を引いたらすぐに動き出せる上、相手がシールドブレイクしてきた返しのターンに、カウンター的に攻めやすいので、一長一短である

主要カード

候補カード

《星龍の記憶》シールドS・トリガー
《ピュアランダース》シールド・プラスクリーチャーその1
《ガルデス・ドラグーン》シールド・プラスクリーチャーその2
《キューティー・ハート》《暴発秘宝ベンゾ》などとの相性がいい
《エメラル》《暴発秘宝ベンゾ》とのコンボ
《アクア・スーパーエメラル》
《T プルルン》S・トリガー付きの《エメラル》
《音感の精霊龍 エメラルーダ》《エメラル》と《ベンゾ》の役割を両方こなす

《暴発秘宝ベンゾ》登場の布石となるシールド・プラス用クリーチャーとしては《ピュアランダース》《ガルデス・ドラグーン》が優秀。
ただでさえシールドが減りやすいデッキであるため《ガルデス・ドラグーン》を敬遠する者も多いが、このデッキの問題点の一つであるパワー不足を解決してくれる上に、一部スーサイドカードとの相性もよかったりと、なかなか侮れない。

S・トリガークリーチャーは基本的にアドバンテージを取りやすいものを優先したい。《アクア・サーファー》を始め、能力の発動には自壊が必要なものの、炸裂サイクル?も優秀。
《アクア・ハルク》のような、普通のデッキにはまず採用されないであろうカードも第一候補になりえる。
ドローゴーと同じくこのデッキのS・トリガーは防御というより攻撃的な意味が強いため、クリーチャーを中心に採用していくとよいだろう。

また、S・バックを絡めたタイプも存在する。
そのようなものを作る場合は、ぜひとも《デュアルショック・ドラゴン》を主力に抱えたい。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:31:37