【ボルザードランデス】

アタックトリガーマナ破壊ができる《ボルザード・ドラゴン》を主力においたランデスデッキ。青赤緑の三色で組まれることが多い。

最も昔から組まれてきたランデスデッキで、【青赤緑ランデス】の代表格と言えるデッキタイプである。

ボルザード・ドラゴン VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000
このクリーチャーが攻撃するとき、相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》などで序盤から相手のマナを縛りつつ、《ボルザード・ドラゴン》を召喚して緩いロックをかける。マナブーストドローを絡めてその戦略を補助。

フィニッシャーとして《超竜バジュラ》が使われることもあるが、それを使うのならバジュラを主役にデッキを組んだ方が強い。
あくまでビートダウンしつつマナを縛り、速めに決着をつけていくデッキなので、そうそう長期戦用のカードは入らない。

《緑神龍ザールベルグ》などを《母なる紋章》経由で使って最後の一押しをするころには、決着目前まで相手を追いつめていたい。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:53:18