【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】

《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》をはじめとする、紫電と名のついたサムライドラゴンを主軸にしたビートダウン

ボルバルザーク・紫電・ドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 7000
侍流ジェネレート
各ターン、このクリーチャーがはじめてタップした時、アンタップする。
W・ブレイカー

超竜G(ギャラクティカ)・紫電・ドラゴン VR 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 9000
進化―自分のファイアー・バード1体の上に置く。
自分のドラゴンが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードがクリーチャーであれば、このクリーチャーの下に置いてもよい。
メテオバーン―このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下のあるカードを3枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーをパワーの合計が9000以下になるように好きな数選び、破壊する。このようにして、名前に《紫電》とあるドラゴンを自分の墓地に置いた場合、このクリーチャーをアンタップする。
W・ブレイカー

主に《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》または《超竜G・紫電・ドラゴン》フィニッシャーにして組まれる。

《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》ターン中はじめてタップした時にアンタップされるので、2回攻撃が可能。

進化クリーチャー《超竜G・紫電・ドラゴン》メテオバーンの条件を満たせば除去しつつ2回攻撃が可能。

キーカード手札補充の2色、または自然も加えた3色で組まれることが多い。

主要カード

ボルバルザーク・紫電・ドラゴンのサポート

紫電・ドラゴンのサポート

紫電のサポート

クロスギアの候補

その他の候補

DMC-56 「ザ・サムライ・レジェンド」をベースにしたの2色タイプと、《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》シナジーを利用した【剣誠型サムライ】に分けられる。

赤青型の動かし方

《ボルット・紫郎・バルット》《闘龍鬼ジャック・ライドウ》《騎神凰翔ハクツル・ザーク》《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》と順々にカードを使っていく。

《闘龍鬼ジャック・ライドウ》《騎神凰翔ハクツル・ザーク》サーチできるので、安定してデッキを回すことができる。だが、7ターン目にならないと《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》を出せないので、《コッコ・ルピア》《ボルット・紫郎・バルット》《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》のようなルートも考慮に入る。

《騎神凰翔ハクツル・ザーク》《ボルット・紫郎・バルット》は《紫電》をスピードアタッカーにできるので、ぜひ場に残しておきたいところ。

《超竜G・紫電・ドラゴン》を使う場合、進化クリーチャー《騎神凰翔ハクツル・ザーク》から進化するといい。そうすれば攻撃時の進化元追加と合わせてちょうど3枚の進化元を下に置くことができる。

もしくは、《時空工兵タイムチェンジャー》cip進化元を補充できる。

剣誠型の動かし方

ドローソース侍流ジェネレートを活用して、サムライクリーチャークロスギアを効率よく並べていく。

5枚サムライが揃ったら《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロ召喚し、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》クロス。そうすると自分のサムライドラゴンは全てスピードアタッカーになるため、一斉攻撃が可能となる。S・トリガーを踏まなければ1ショットキルも夢ではないだろう。

《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》侍流ジェネレートサムライを2枚分用意できる。《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》クロスされればスピードアタッカーで2回攻撃できるようになるので、非常に強力である。

その他、詳しくは「【剣誠型サムライ】」を参照。

弱点

2回攻撃が魅力の《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》《蒼神龍ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》だが、素の状態では召喚酔いしてしまう。そのため、スピードアタッカー付与しないと間違いなく返しのターン除去されるので注意。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 02:10:51