【ボルバルブラック】

【ボルバルステロイド】ドローソースを加えて安定性を向上させた【ボルバルブルー】に、さらにハンデス確定除去などを投入し、対応力を向上させたデッキ。

このデッキタイプが考案された直後に《無双竜機ボルバルザーク》殿堂入りして1枚制限になってしまったため、このデッキを雛形にしボルバル制限で空いたスペースを生かして、さらに【除去コントロール】寄りに組んだ【除去ボルバル】が生まれることになる。

時系列的に【ボルバルブルー】→これ→ボルバル制限→【除去ボルバル】ということ。

無双竜機ボルバルザーク VR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー
W・ブレイカー

スケルトン・バイス R 闇文明 (4)
呪文
相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。

【除去ボルバル】と色構成は同じだが、こちらの時代はボルバルザークを3、4枚投入できたため、基本的にはそれを生かしてビートダウンに近い構成で組まれていた。
とは言っても、ボルバル召喚までは大抵シールドをブレイクしていかないため、プレイングはまさにコントロールデッキのそれである。

【ボルバルブルー】と同様に、自然の軽量ウィニーでマナブーストし、水でドローして手数を増やしつつゲームを進める。闇のハンデス、除去で相手をある程度コントロールしつつ、より安定性をもってボルバルに繋ぐ。
凶悪デッキ【除去ボルバル】の雛形になったデッキタイプだけあり、ハイレベルな強さ。単純に言ってが入った【ボルバルブルー】ということなので弱いはずはないのだが。

投入された主な闇呪文

基本はハンデスを使用するために闇が使われた。

  • 【除去ボルバル】、【ボルバルブラック】を区別せず、どちらも【ボルバルブラック】とする呼び方もあったが、基本的にはボルバル殿堂入り後の【青黒赤緑ボルバル】は【除去ボルバル】と呼ばれていたことが多い。後期になるにつれだんだんと除去コントロール色を強めていったことは間違いないため、その呼称で正しいと言える。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 15:10:06