【ボルメテウスコントロール】

シールドブレイクするかわりに墓地に送る《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》フィニッシャーにした【除去コントロール】

略称は「【ボルコン】」。
類似したスペック《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》が使われる事も多い。

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに持ち主の墓地に置く。

ボルメテウス・ブラック・ドラゴン P 闇/火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/デーモン・コマンド 8000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。

もともとは【白青黒赤ライブラリアウト】および【除去ボルバル】が原型であり、それらのライブラリアウトの要素をすべて抜き、そのスペース《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》除去カードを入れたようにして組まれていた。

そのため、タッチを利用して1枚挿しされた様々な種類のカードを状況に合わせて的確に使っていくという戦術が主流。

とはいえ、あくまでボルメテウスシールド焼却で勝利することがコンセプトなので、特に決まった定型はなく、プレイヤーの好みが反映されやすい。環境や各プレイヤーの好みに合わせて調整されていくうち、元となった上記デッキタイプの原形をほとんどとどめていないようなものも見られる。

主要カード

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などのシールド焼却により、S・トリガーによる逆転の可能性がほとんどないのが特徴。一度制圧してしまえば安全に相手を追い詰めていけるのが長所である。

類似したスペッククリーチャーには《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》がおり、使い分けが肝心。

本家《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》ならば《希望と勝利の伝説》で早期にコスト踏み倒しが可能なので、積極的に組み合わせたい。

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》自身は除去ハンデスができず、相手の除去に対する耐性も無い。よって、出すまでにしっかりとバトルゾーンの状態を整えておく必要がある。少なくとも、《解体人形ジェニー》《パクリオ》などのハンデスで相手の除去を封じておくことはしておきたい。

グッドスタッフ気味に構成されることがほとんどで、そのためにコンボ要素を全くと言っていい程含まず、安定していることが特徴。

各状況に応じてプレイングしなければならないため、初心者が使いこなすことは難しい。総じて中級者から上級者向けのデッキとなる。


バリエーション

基本型

最もスタンダードな型とされるのは【白青黒赤ライブラリアウト】を雛型にした自然以外の4色で組まれたタイプ。

多くはハイランダー気味に組まれ、《天使と悪魔の墳墓》による同名カードの除去およびランデスを利用する。また、《クリスタル・メモリー》のようなサーチカードを利用して状況に合わせて的確な手を打って相手の行動に対処する。

柔軟性は非常に高くどのような相手にも対抗できる可能性があるが、逆にプレイングの難易度は高い。デッキビルディングは自由に行えるものの、上級者向けの戦略と言える。

ランデス型

のかわりに自然を入れてランデスを行うもの。青赤緑で組まれることが多く、無色タッチされることもある。

《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》などのランデスで相手の足を引っ張り、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の安全な降臨に繋げる。《龍素記号Sr スペルサイクリカ》とは相性がよく、ランデス呪文を連出したり、《希望と勝利の伝説》を唱えて《ホワイト》を出すことができる。《超次元フェアリー・ホール》から《時空の喧嘩屋キル》をばら撒いて打点の強化を図るなど、超次元の旨みを活かしやすい。

《勝利のリュウセイ・カイザー》進化元《甲型龍帝式 キリコ3》を出しても面白いだろう。

ボルゼロ型

無色《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》を活用するタイプ。《希望と勝利の伝説》は使えないものの、《戦慄のプレリュード》のようなコスト軽減呪文が使用可能。早期召喚を狙っていく。

《「戦慄」の頂 ベートーベン》とは相性がよく、マナゾーンから《ゼロ・ドラゴン》を回収できる。《メッサダンジリ・ドラゴン》スピードアタッカーにしたり、《偽りの名 ハングリー・エレガンス》マナ召喚するなど、アンノウンならではのサポートを受けることが可能。

一風変わったボルメテウスコントロールとなるだろう。

ハンデス型

【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】の5枚から10枚の自由枠に《温泉 湯あたり地獄》《希望と勝利の伝説》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》本体をタッチしたタイプ。プレイングは終盤に《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で安全にシールドブレイクする点を除いて

シールド焼却によって相手に手札を与えずブレイクする《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》とハンデスは大きなシナジーを形成するが、軽量ハンデスを中心にするためデッキパワーは抑え目であり、今引きに弱いというボルメテウスコントロールの弱点を晒し出しやすい。

また、《ヴォルグ・サンダー》を打つプレイングが普通の系統の【超次元コントロール】より相対的に少ない分こちらの山札の方が少なくなる場面が多く、調子に乗って山札を掘り進めている内にライブラリアウトもあり得る。そのため、《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》は1枚挿しておくと助かる場合がある。

何より【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】のテンプレが固まっている時期には本体を始めとする火のカードを入れる枠が無いので、総じてボルメテウスコントロールとしてはマイナーなタイプと言えよう。

ボルメテウスコントロール要素を搭載しやすいデッキ

「相手の手札をすべて落とす→今引きでしかボルメテウスに対抗できない状況を作る」が基本的なコンセプトのため、ハンデスボルメテウスを搭載したデッキならばボルメテウスコントロールの動きを再現しやすい。


このデッキの弱点

優秀な除去呪文は4コスト以上のものに集中している傾向があるため、必然的にビートダウンに対しては苦戦を強いられることとなる。
《墓守の鐘ベルリン》《霊王機エル・カイオウ》などのブロッカーで対処する手もあるが、それでも辛いことに変わりはないため、対策は必要。

また、他の【除去コントロール】にも言えることだが《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《光器パーフェクト・マドンナ》に弱い。置換効果によって破壊すらできない強固な壁となる。

また、展開力がないために《魔刻の斬将オルゼキア》などで複数体除去されてしまうと苦しい。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などを活かすためには、やはりハンデスで相手の除去を確実に封じておきたい。


その他

  • 純粋な呪文による【除去コントロール】を組もうとすると、意図せずともこの形になることが多いため、その代表格として語られることも多い。

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 11:26:37