【ポップメタリカ】

【メタリカサザン】《D2P ヘビーポップ》エクストラウィンに寄せたアーキタイプ。DMRP-09《越境の意志 ドナート》が登場したことによって成立。

D2P ヘビーポップ SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/マスター・イニシャルズ 6500
W・ブレイカー
自分のターンの終わりにカードを1枚引いてもよい。その後、光のコスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分のD2フィールドと、自分の同じ名前のクリーチャーが4体以上あれば、自分はゲームに勝つ。
越境の意志 ドナート C 光文明 (2)
GRクリーチャー:メタリカ/ワンダフォース 2500
このカードは、2枚より多く超GRに入れることができる。
(ゲーム開始時、GRクリーチャーは山札には含めず、自分の超GRに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、超GRの一番下に戻す)

主要カード

GRゾーン

《越境の意志 ドナート》《ポップ》EWのために何枚でも超GRに入るこのカードが必要

このデッキの回し方

序盤から中盤は通常の【サザン・ルネッサンス】のように動く。《Dの牢閣 メメント守神宮》エクストラウィンに必要なので必ず展開すること。

準備が出来たら《二重音奏 サクスメロディ》でGR召喚し、最後に《D2P ヘビーポップ》を召喚して勝利に向かう。

長所

通常の【サザン・ルネッサンス】と同じというか、呪文コスト踏み倒しに依存したデッキには強い。

終盤になると物量で押せるため、《D2P ヘビーポップ》への依存度は低く、勝ち筋も広め。
しかし通常の【メタリカサザン】でなくこちらのデッキを構築するからには、エクストラウィンを狙いたいものである。

短所

全体除去、序盤からのハンデス、【速攻】など、【サザン・ルネッサンス】の弱点がそのまま当てはまる他、キーパーツとなるクリーチャーの除去にも弱い。

しかし何と言ってもきついのが《Dの牢閣 メメント守神宮》をカード指定除去やD2フィールドの張り換えによって剥がされることだろう。これをやられるとエクストラウィンの見込みだけでなく、1ショットキルのプラン失敗時の保険も失われる。

参考