【マーキュリー・ギガブリザード】

《超神星マーキュリー・ギガブリザード》を高速召喚することを中心としたビートダウンデッキ

超神星マーキュリー・ギガブリザード SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 15000
進化GV−自分のグレートメカオー、グランド・デビル、リキッド・ピープルのいずれか3体を重ねた上に置く。
メテオバーン−呪文の効果が実行される時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、その呪文は効果を失い、持ち主の墓地に置かれる。
T・ブレイカー

《超神星マーキュリー・ギガブリザード》の特性上、「呪文を阻止しながら物量で攻める」ビートダウンデッキとなる。
そのため、除去コントロール系統のデッキには高い耐性があり、このカード1枚でごり押しできることも珍しくない。
反面、対ビートダウンにおいて、相手のシールドから《アクア・サーファー》などが出てきた処理されたりと、クリーチャーでの除去には滅法弱い。

多くは青単で組まれる。
進化元は優秀なグランド・デビルリキッド・ピープルのどちらかあるいは両方を採用、そのなかで《超神星マーキュリー・ギガブリザード》に合ったものが投入される。
数は少ないが、青黒のグランド・デビルフィニッシャーとして《超神星マーキュリー・ギガブリザード》が投入されたタイプもある。
この場合は、《スナイプ・アルフェラス》などのグランド・デビルのサポートカードも投入される。

攻撃を《超神星マーキュリー・ギガブリザード》1体に任せすぎると《アクア・サーファー》《コーライル》が出てきた時に攻撃が途切れるので、《封魔ゴーゴンシャック》などの他にも妨害できるクリーチャーを入れておくといい。
しかし、あまり入れすぎると《超神星マーキュリー・ギガブリザード》を出す意味が薄れてしまい、本末転倒なので注意が必要。

DM-32進化クリーチャーコストを低下させる《アクア・エボリューター》が登場し、さらにDM-36では連鎖能力を持ちながら進化元にもなれる《アクア・ジェスタールーペ》《封魔ベルアリタ》が登場したため、デッキタイプとしてかなり強化されたといえる。

DM-36で登場した《天雷王機ジョバンニX世》の1コストの呪文回収能力を用いて《究極銀河ユニバース》エクストラウィンを狙う亜種も存在する。

主要カード

候補カード

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:53:43