【マジック・コマンド】

種族としてのマジック・コマンド→マジック・コマンド

マジック・コマンドを主力とするビートダウン
侵略者に属しているということもあり、侵略して戦うビートダウンが主となる。

他文明の侵略者と比較するとパワーがやや低めなのがネックだが、水文明の得意な手札補充を駆使することで、手札を枯渇させることなく連続で侵略できるのがメリット。

侵略の中でも特に魅力的なカードは《超奇天烈 マスターG》
やや運が絡むものの1/2で場に残る脅威の除去耐性が魅力的。アンブロッカブルであるおかげで【ヘブンズ・ゲート】などにも強い。
他にもオールバウンスが可能な《超奇天烈 ベガスダラー》や相手の呪文を使える《超奇天烈 ギャブル》など強力なカードがそろい踏み。
ただしいずれも運が絡むカードなのでプレイングだけでなく、ギャンブル運も磨く必要がある。デュエリストとしての運を信じるべし。

主要カード

候補カード

進化マジック・コマンド

《超奇天烈 ベガスダラー》相手のトップが5以上ならオールバウンス、外れても2ドロー
《超奇天烈 ギャブル》相手のトップ5枚の中から呪文を1枚唱える
《超奇天烈 ダイスダイス》4ドロー後、相手に選ばせ2枚をボトムに
《奇天烈 レイズ》アンブロッカブルかつモヤシ
《奇天烈 ベルセブン》相手のシールドが2枚以下なら自軍呪文アンタッチャブル化

マジック・コマンド侵略元

《奇天烈 コイコイ》軽量進化マジック・コマンド。水のクリーチャーから進化
《プラチナ・ワルスラS》軽量進化マジック・コマンド。水のクリーチャーから進化 こちらは手札交換能力付。殿堂入り
《奇天烈 ベガス》相手のトップが5以上なら3ドロー
《奇天烈 サイコロン》2枚ドロー後、相手に選ばせ2枚をボトムに
《奇天烈 チャンG》相手に進化を見せれば3コストで出せるアンブロッカブル
《侵略者 ジャッグラ》相手のシールドが2枚以下なら自軍モヤシ化
《機術士 ゾローメ》cipで次の自ターン開始まで攻撃とブロックを封じるS・トリガー
《奇天烈 シャッフ》宣言した数字と同じコストのカードを封じる

その他候補

《超電磁 パックE》パック進化により実質進化元の不要なコマンド。ただし性質上大会では使用できない場合もある
《革命龍程式 シリンダ》場の自水クリの数だけドロー、革命2で攻撃ブロック封印できるコマンド
《サイバー・I・チョイス》手札のS・トリガーを使えるコマンド
《終末の時計 ザ・クロック》ターンを飛ばす水の強力S・トリガー
《フォーチュン・ボール》相手のシールドが3枚以下なら2ドロー
《アクア警備員 ラスト》cipで一時的に相手のシールドを減らす
《アクア特攻兵 デコイ》マナ武装で《デコイ》以外を選べなくする
《アクア・エボリューター》水の進化クリーチャーコスト軽減
《一撃奪取 マイパッド》水の1体目のクリーチャーコスト軽減
《革命の水瓶》バウンスのできる革命0トリガー
《勝利のガイアール・カイザー》スピードアタッカーのコマンド 《ギャブル》を入れる場合
《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》《ギャブル》を入れる場合

このデッキの使い方

とにかく水のコマンドを出さなければ始まらないのでまずは水のコマンドを召喚することに徹すること。
2ターン目までになんらかの水のクリーチャーを出しておき、次ターンに《奇天烈 コイコイ》に進化させるのが最速の侵略パターン。
最速パターンでなくともコスト3のマジック・コマンドを出して4ターン目には侵略する準備ができるようにしたい。
コスト3のマジック・コマンドである《奇天烈 サイコロン》及び《奇天烈 チャンG》はいずれもパワー4000と比較的高いパワーを持つ為、返しに除去されることはまずないはず。
心配であれば前ターンに《アクア特攻兵 デコイ》を置いておくとよいだろう。

除去の難しい《超奇天烈 マスターG》に侵略することさえできれば、勝負は一気に有利に進めることができる。
《超奇天烈 マスターG》がなければ《超奇天烈 ダイスダイス》《超奇天烈 ベガスダラー》のドローで《マスターG》を持ってこよう。一度侵略してW・ブレイクすれば《フォーチュン・ボール》でドローすることもできるのでシールドは極力2枚は割っておきたい。

《マスターG》の除去回避能力は相手のデッキには奇数と偶数どちらが多い傾向にあるか見極めて宣言しよう。
しかし多い傾向のあるデッキでも必ずしも多い方を選べば当たるというとそうではない。あえて少ない傾向にある方を選ぶことも重要である。ここを見極めれば君は至高のギャンブラーとなれるだろう。

その他

  • 弱点としては《マスターG》を出してフリーズなどで連続で縛られてしまうと一気にスピードが落ちる点。いずれのビートダウンデッキにもいえることだが水には《デコイ》がある為、《デコイ》を常にバトルゾーンに置いておくことが重要になってくるだろう。
  • また《マスターG》で奇数と偶数を選ぶ際に即外してしまうこと。これに関しては完全な運なのでどうしようもない。自分のギャンブル運を信じよう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:30:34