マッド・ロック・チェスター

マッド・ロック・チェスター

DMC-58 「マッド・ロック・チェスター」で登場した《邪神M・ロマノフ》《邪神R・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》G・リンク形態、及びそれらを主体にしたデッキ

2012年3月15日付で《邪神M・ロマノフ》プレミアム殿堂に昇格したため、殿堂ゼロデュエルなどを除けば、公式大会公認大会で使用できるのは《邪神R・ロマノフ》《邪神C・ロマノフ》及びロック・チェスターのみである。

邪神M(マッド)・ロマノフ P 火文明 (5)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 3000+
Mデッキ進化−自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。表向きにした残りのカードを自分の墓地に置く。表向きにしたカードの中にクリーチャーが1枚もない場合、このクリーチャーを手札に戻し、表向きにしたカードをすべて墓地に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
G・リンク《邪神R・ロマノフ》または《邪神C・ロマノフ》の左横。
※プレミアム殿堂

邪神R(ロック)・ロマノフ P 闇/火文明 (8)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 9000+
超無限墓地進化−クリーチャーを1体以上自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
トライ・G・リンク《邪神M・ロマノフ》の右横または《邪神C・ロマノフ》の左横、またはその間。

邪神C(チェスター)・ロマノフ P 闇文明 (7)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 5000+
墓地進化−闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーと同じ文明を少なくともひとつ持つコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の墓地から唱え、その後その呪文を自分の山札の一番下に置く。
G・リンク《邪神M・ロマノフ》または《邪神R・ロマノフ》の右横。
このクリーチャーは、リンクしている時、シールドをさらに1枚ブレイクする。

これらがG・リンクすると、以下のようになる。

通称「マッド・チェスター」(MC)

邪神M・ロマノフ/邪神C・ロマノフ 闇/火文明 (5+7)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 8000+
このクリーチャーは、シールドをさらに1枚ブレイクする。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーと同じ文明を少なくともひとつ持つコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の墓地から唱え、その後その呪文を自分の山札の一番下に置く。

通称「マッド・ロック」(MR)

邪神M・ロマノフ/邪神R・ロマノフ 闇/火文明 (5+8)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 12000+
W・ブレイカー
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。

通称「ロック・チェスター」(RC)

邪神R・ロマノフ/邪神C・ロマノフ 闇/火文明 (8+7)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 14000+
W・ブレイカー
このクリーチャーは、シールドをさらに1枚ブレイクする。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーと同じ文明を少なくともひとつ持つコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の墓地から唱え、その後その呪文を自分の山札の一番下に置く。

通称「マッド・ロック・チェスター」(MRC)

邪神M・ロマノフ/邪神R・ロマノフ/邪神C・ロマノフ 闇/火文明 (5+8+7)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 17000
W・ブレイカー
このクリーチャーは、シールドをさらに1枚ブレイクする。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーと同じ文明を少なくともひとつ持つコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の墓地から唱え、その後その呪文を自分の山札の一番下に置く。

メテオバーンで、6マナまでの呪文を、墓地マナゾーンから使い回すことができる。《邪神M・ロマノフ》他の効果で墓地を肥やし、他2体の進化及びメテオバーンの補助とする。
序盤から《邪神M・ロマノフ》のメテオバーンを多用するとマナが枯渇しやすいので、マナブーストチャージャーを使用した方がいいだろう。
《邪神R・ロマノフ》W・ブレイカー以外の能力を持たないので、無理にマッド・ロック・チェスターを目指す必要はないが、リンクは次弾補充の役割も果たすので、いざという時には狙っていきたい。

必須カード

主要候補カード

自然

《カラフル・ダンス》墓地肥やし ※殿堂入り
《ダンディ・ナスオ》墓地肥やし&色あわせ ※殿堂入り
《クレスト・EVOチャージャー》サーチマナ加速・メテオバーン補助

多色

参考


Last-modified: 2018-10-06 (土) 16:31:47