【マルコビート】

《エンペラー・マルコ》を中核とした【青赤緑ビートダウン】

《大勇者「ふたつ牙」》《スーパー大番長「四つ牙」》入りの物は「牙マルコ」などと呼ばれることもある。

エンペラー・マルコ SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:サイバーロード 6000
進化−自分のサイバーロード1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを3枚まで引いてもよい。
W・ブレイカー

幻緑の双月(ドリーミング・ムーンナイフ) C 自然文明 (2)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、手札を1枚、自分のマナゾーンに置いてもよい。

クゥリャン C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、カードを1枚引いてよい。

ほとんどのデッキ青赤緑で組まれる。
サイバーロードには《コーライル》《クゥリャン》などの優秀なクリーチャーが数多く揃っているため、進化元に困ることはまずないだろう。

《エンペラー・マルコ》以外には、主に《スーパー大番長「四つ牙」》《紅神龍ジャガルザー》《爆竜 GENJI・XX》などが使用される。

《幻緑の双月》《クゥリャン》《エンペラー・マルコ》《スーパー大番長「四つ牙」》と流れるように繋いでいくことができれば完璧と言えるだろう。

主要カード

進化元の候補

サブフィニッシャーの候補

その他の候補

《幻緑の双月》《クゥリャン》《青銅の鎧》を始めとしたアドバンテージを取りやすい軽量進化元を中心に展開し、《エンペラー・マルコ》進化したところで本格的なビートダウンを開始する。

面倒な小型クリーチャー《斬隠テンサイ・ジャニット》《コーライル》で退かしながら、《スーパー大番長「四つ牙」》《爆竜 GENJI・XX》などで攻撃の手を絶やさずに殴り続ける。
序盤のうちは火力に弱くS・トリガーを避けるため、殴らないことが多い。

対策

安定している上、すばやい動きをするため、極神編から戦国編辺りまで【青赤緑ビートダウン】の王道と言われていた。
失速させるためには、大まかに以下の二通りがあるので、メタを張る際はこれを基本に考えていくとよい。

また《コーライル》《エンペラー・マルコ》を引けなかった場合、相手の中型クリーチャーに制圧されることも少なくはない。
ただし失速させた後、こちらがのろのろ動いているとすぐに復活されるため注意が必要。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:26:57