【ミルクボーイ】

種族としてのミルクボーイ→ミルクボーイ

コスト1のクリーチャーであるミルクボーイを主軸とした【速攻】デッキ

基本戦術は自然カードのみで完結しているが、ミルクボーイと相性の良いカードを採用するために2で構成されることもある。
特にアンタップと防御用のカードが充実しているが最も扱いやすい。

主要カード

自然の候補

光の候補

闇の候補

コスト1のカードを多用しているためランデスに強く、コスト踏み倒しを多用しないため、それらのメタもさほど大きな影響を受けない。
ミルクボーイ自身のパワーがそれなりに高く、さらに《D2B バブール》パンプアップされるため、パワー参照の火力S・トリガーに引っかからないことが多い。

入りだとミルクボーイと相性が良い《ヘブンズ・フォース》《攻守の天秤》入りだと《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》D2フィールド展開時のアタックトリガーの条件を満たせる《ZEROの侵略 ブラックアウト》が多用される。
ただし自然コスト1のカードデッキの半数近くを占めるため、マナ自然以外のカードを置いてしまうと、そのカードタップして自然コスト1のカードプレイできない点には気を付けておきたい。

このデッキの使い方

コスト1のミルクボーイを並べていき、《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》Dスイッチで一斉にアンタップさせて1ショットキルを狙う。
《D2B バブール》がいれば打点の大幅増強になるため、必ず1体以上は並べておきたい。手札に無い場合は《トレジャー・ナスカ》などでサーチしたい。

2ターン目までに《D2B バブール》1体、《ベイB ソーター》または《ベイB ジャック》1体、《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》バトルゾーンに揃えておけば、3ターン目に《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》召喚することで1ショットキルが可能。

入りならば2ターン目までに《D2B バブール》1体と《ベイB ソーター》または《ベイB ジャック》1体、その他攻撃可能なクリーチャーが1体を揃えれば、3ターン目に《攻守の天秤》唱えることで1ショットキルが可能。

弱点

主要なアタッカーコスト1で固まっているので、《テック団の波壊Go!》《めった切り・スクラッパー》などのコスト指定の除去に非常に弱く、《奇天烈 シャッフ》コスト1を宣言されると全く動けなくなる。
またアンタップさせるカードが無ければほぼ動けないため、ハンデス《D2B バブール》《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》などのキーカードを引き抜かれてしまうとかなり痛い。

S・トリガーなどで1ショットキルを防がれた場合、ミルクボーイアンタップさせるのに条件が必要なため、再攻撃が難しい。
D2フィールドがあれば《D2B バブール》は起きるのでそのままごり押しできる可能性はあるものの、相手シールドブレイクしきれずに全体除去や全体タップS・トリガーを使われるとかなり勝ち目が薄くなる。

その他

アニメ「VSRF」ではたーくん緑単のミルクボーイデッキを使用。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:52:25