【ムートピア】

概要

種族としてのムートピア→ムートピア
ムートピアを大量に展開し、《伝説の正体 ギュウジン丸》天才シンパシーを発動させ相手の場を除去。
次のターンに1ショットキルを決めるデッキ。
《空中南極 ペングィーナ》の存在により構築が可能となり動画で公開された。

空中南極 ペングィーナ R 水文明 (3)
クリーチャー:ムートピア 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分の他のムートピア1体につき、カードを1枚引く。

伝説の正体 ギュウジン丸 LEG 水文明 (71)
クリーチャー:ジ・アンサー 71000
天才シンパシー:水のクリーチャー(このクリーチャーの召喚コストは、バトルゾーンにある自分の水のクリーチャー1体につき10少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、相手は自身のクリーチャーをすべて山札に加えてシャッフルする。相手がこうして6体以上山札に加えたなら、自分はゲームに勝つ。

主要カード

候補カード

《貝獣 アリサ》《空中南極 ペングィーナ》等を再利用
《絶海の虎将 ティガウォック》展開補助+手札補充
《生意気な衛兵 メダカ》防御S・トリガー
《神出鬼没 ピットデル》手札2枚を捨てることでノーコストで場に出せる
《オト☆トメ》ムートピア全体にモヤシ付与
《叡智の聖騎士 スクアーロ/エナジー・ライト》ブロッカー除去兼手札補充
《パラディソ・シエル》サブアタッカー兼手札補充 《アリサ》二体分の働きにも期待できる

このデッキの回し方

1ターン目に1コストムートピアを展開し2ターン目に《一番隊 ザエッサ》を召喚。
3ターン目に2体目の《ザエッサ》と2コストのムートピアを出せれば4体は揃う。
《空中南極 ペングィーナ》を引いて大量ドローをし、《D2S 皇帝ワルスラ》などで展開を補助して7体並んだら余ったマナで《伝説の正体 ギュウジン丸》を召喚。
盤面を除去し次のターンに1ショットキル。

長所

それぞれのコストが小さいので1体やそこらが破壊されても別のムートピアで攻めることが可能。
また《ギュウジン丸》でエクストラウィンを決められる可能性もある。
3コスト以下ならほぼ全てのムートピアに採用の余地があるのである程度安価で組めることもある。

短所

コストやパワーが低いため《ゼンメツー・スクラッパー》などの全体除去に弱い。
また展開に重点を置いているため一気に攻められるとトリガーで対処しきれない可能性がある。

参考