【メフィストビート】

《鎧亜の氷爪メフィスト》を扱った【青緑ビートダウン】
メフィストはpigで3コスト以下の自然クリーチャー山札からリクルートする能力を持っており、相手にとって「破壊しなければいけない」状況であるビートダウンの最中に出すことで有力な活躍ができる。

ロスト・プリズムも併せ持っているため、構築系は様々なものが考えられる。
大きく分けて、青緑ビートダウンそのままの型、などを合わせて三色にする型、スピリット・クォーツを併用する多色重視型などが考えられる。

鎧亜(がいあ)の氷爪(ひょうそう)メフィスト SR 水/自然文明 (6)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ロスト・プリズム(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが多色カードであれば、手札に加える。)
このクリーチャーが破壊された時、自分の山札を見る。その中から自然または水の、コスト3以下のクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

青緑型

自然のマナブーストクリーチャーをばら撒きつつ、相手の出方を見ながらビートダウンしていくノーマルなタイプ。

メフィストで呼ぶ対象は《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》が最も有力である。2色なのでマナ進化が非常に使いやすい。
自分のターンにメフィストがブロッカーにやられた直後、キリンソーヤが2体あらわれてすぐシールドをもっていくなど、凶悪なビートが可能。

キリンソーヤを軸として、非進化ブロックされないクリーチャー《弾丸透魂スケルハンター》を搭載。序盤に出したビーストフォークから進化させる《大勇者「大地の猛攻」》なども強力。
その他、サイバーロードサイバー・ウイルスマーフォークリキッド・ピープルなどからいくつかを増やし、その進化やシナジーカードを搭載してもいい。
ビーストフォークを含め、水と自然の種族を3つぐらい注視して進化セットを組みたい。

メタゲームを読んで適切な水・自然のウィニー銀の弾丸的に入れることで、それなりの対応性があるのが特徴。カードプールを把握しきっていることが求められるため、上級者向けのデッキタイプだろう。
《海底鬼面城》などを搭載して【鬼面城ギフト】的にすることも可能。

主要なカード

3色型

メフィストは水&闇や自然&などの多色も呼び出せることを生かし、以外のもう一色を混色もしくはタッチするタイプ。
扱いやすく、最も混色する意義があるのは《腐敗電脳メルニア》《奇面王機ボーンキラー》《無頼封魔アニマベルギス》など有能な多色に加え、《ロスト・ソウル》《ソウル・アドバンテージ》などを扱うことができる闇である。

デッキの基本であるマナブースト→メフィストという流れ自体は大きく変わらないため、主要なカードは緑青型のものがそのまま当てはまるだろう。

多色スピリット・クォーツ型

《永刻のクイーン・メイデン》《反発のタグタップ》《両断のスカルセドニー》《一徹のジャスパー》などを扱った多色カード偏重タイプ。
ロスト・プリズムとのシナジーが大きいが、マナ管理は大変になる。
光以外の3〜4色を扱って作られるが、序盤のマナブーストからメフィストという流れは変わらない。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:31:17