【メラビートジョーカーズ】

J・O・Eを持つジョーカーズを展開できる《メラビート・ザ・ジョニー》を軸にしたジョーカーズデッキ。【赤ジョーカーズ】とも呼ばれる。基本的には火文明とゼロ文明で組まれる。
ほぼ無色単で組まれる【ジョーカーズ】とは大きく違った動き方をする。

メラビート・ザ・ジョニー MAS 火文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 10000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。このターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。

ドンドド・ドラ息子 SR 火文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ 2000
自分の手札にある火のジョーカーズ・クリーチャーすべてに「J・O・E 2」を与える。(「J・O・E 2」を持つクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、それを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中からジョーカーズを1枚、自分の手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

主要カード

《メラビート・ザ・ジョニー》召喚時にJ・O・Eを持つ火のジョーカーズを2体までバトルゾーンに出す。核
《ビギニング・ザ・メラビート》召喚時にJ・O・Eを持つ火のジョーカーズを1体バトルゾーンに出す。スピード重視。
《ドンドド・ドラ息子》cipで山札からジョーカーズをサーチ。手札の火のジョーカーズにJ・O・E2を付与する。

メラビートから出す候補カード

《王盟合体 サンダイオー》攻撃先変更への耐性シールド焼却持ち。S・トリガー回避に最適
《ルネッザーンス》マッドネス。ジョーカーズを手札に加える
《アイアン・マンハッタン》相手のシールド数を2枚に減らし、ロックで反撃を阻止。《サンダイオー》と合わせると強力
《バーバーパパ》アタックトリガー除去。場のジョーカーズマナが足りない時のための安定型
《超Z級 ゲキシンオー》ジョーカーズ5体を揃えれば互いのcipだけで場とシールドを一掃
《伝説の決闘者》《ドンドド・ドラ息子》J・O・Eを付与していれば《メラビート・ザ・ジョニー》で出せる

その他候補カード

概要

理想の動きとしては、1ターン目にサーチ系のカードを使い、2ターン目に《ヤッタレマン》を出すか《ガンバG/ガガン・ガン・ガガン》ブーストし、3ターン目に《ドンドド・ドラ息子》を出し、4ターン目に《メラビート・ザ・ジョニー》を出す。
また、《超Z級 ゲキシンオー》《アイアン・マンハッタン》をフィニッシャーとして採用すれば気にならないが、《王盟合体サンダイオー》でシールド焼却することを前提とするのであれば、4ターン目に《ドンドド・ドラ息子》から《メラビート・ザ・ジョニー》で出すと、ジョーカーズが場とマナゾーンに10枚以上存在せず、シールドを焼却することができない。この点には気を付けたい。

コスト踏み倒しメタ、特に《異端流し オニカマス》等がキツイ場合は《メラビート・ザ・ジョニー》の全体除去の発動条件を満たせるようにジョーカーズを盤面に並べたりコスト軽減を絡めて《SMAPON》を召喚して処理したりする。

大会環境での活躍

新章デュエル・マスターズ双極篇

《メラビート・ザ・ジョニー》を筆頭とした上述のカード群が登場したことでデッキタイプとして成立。

《ヤッタレマン》《パーリ騎士》などで地道に加速し5、6ターン目に仕掛けていたこのデッキは、高速環境について行けず活躍できていなかった。
そんな中《ドンドド・ドラ息子》が登場し、環境の速度についていけるかと注目を集めた。
実際この時期には多くのプレイヤーが用いており、入賞・優勝なども多く聞かれた。
しかしパワーが2000の《ドンドド・ドラ息子》を戦略の中心として据えると今度は、《ゼンメツー・スクラッパー》《堕魔 ドゥシーザ》《“轟轟轟”ブランド》など環境で多く使われている手軽な除去カードで容易にテンポを崩されてしまう、という別の問題が生じた。
これを解決することが出来ず、結局は環境で台頭することはなかった。

参考


Last-modified: 2019-01-17 (木) 02:06:29