メルゲビートダウン

《アクア・メルゲ》手札交換能力を活用して、墓地肥やしを行い、《盗掘人形モールス》G・ゼロにより、《斬込隊長マサト》《死神術士デスマーチ》《百万超邪 クロスファイア》を展開するビートダウンデッキアウトレイジの台頭により成立した。

青黒赤で構成される。計算を狂いにくくさせるために、フルクリーチャー気味になる。【青黒メルゲ墓地進化速攻】よりも遅く、【メルゲループワンショット】よりもトリガー耐性は低いが、完全に《アクア・メルゲ》に依存し切った構成ではないため、事故率は低く、序盤から積極的にブレイクしていくため、墓地の状況によっては今引きによる逆転劇を演じやすい。

アクア・メルゲ R 水文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル 1000
自分のターン中、自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、カードを1枚引く。

理想の展開の例は以下のとおり

  1. 2ターン目、《アクア・メルゲ》召喚
  2. 3ターン目、《戦略のD・H アツト》《フェイト・カーペンター》《禍々しき取引 パルサー》などを召喚《アクア・メルゲ》トリガー能力解決し、この時点で墓地は最低3枚。状況にもよるが、《アクア・メルゲ》シールドを1枚ブレイク
  3. 4ターン目、《白骨の守護者ホネンビー》召喚山札から3枚を墓地におき、《百万超邪 クロスファイア》サルベージ《アクア・メルゲ》で1枚墓地肥やししてから、《百万超邪 クロスファイア》G・ゼロ召喚。この時点で4打点ある。忘れずに《アクア・メルゲ》で1枚墓地肥やし
  4. 5ターン目、《盗掘人形モールス》《斬込隊長マサト》コンボ《斬込隊長マサト》を2コストスピードアタッカー化。《死神術士デスマーチ》も駆使して一斉攻撃《疾封怒闘 キューブリック》がある場合は、状況によっては【メルゲループ】を狙って好きなだけドローするのも良い。

主要カード

候補カード

参考


Last-modified: 2018-11-22 (木) 02:34:03