【ユニバースエクストラウィン】

《究極銀河ユニバース》を使ってエクストラウィンを狙うデッキ

究極銀河ユニバース SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 17000
進化ー自分のフェニックス1体の上に置く
メテオバーン-このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そのカードが最後の1枚でフェニックスならば、自分はゲームに勝利する。
T・ブレイカー

基本的なタイプとしては以下の6つ。

  1. 普通にフェニックスから進化させるタイプ。
  2. 《無垢の宝剣》から進化させるタイプ。
  3. 《光彗星アステロイド・マイン》《リバース・トーン》を使うタイプ。
  4. 《超神星ブラックホール・サナトス》を使うタイプ。
  5. 《ロイヤル・ドリアン》を使った退化コンボ
  6. 《超神星DEATH・ドラゲリオン》を使うタイプ。

上記の他に、マナブースト《強欲の開拓》フェニックスの組み合わせを利用する【カイザーフェニックス(ユニバースエクストラウィン)】革命編にて登場した《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》を使い墓地から進化元を得る【ジュヴィラユニバース】などがある。詳細は各記事を参照。

タイプ1

何らかのフェニックスから進化し、何度も攻撃して地道に下の進化元を減らす。最後は残しておいたフェニックス墓地に置き、勝利する。
だがこれでは除去への耐性のないユニバースが確定除去を踏んだり、スレイヤーなどにやられてしまう可能性が高いため、使われることは少ない。
またフェニックスが何度も攻撃を行っている状態ならエクストラウィンを決める前に勝利かそれに近い状態になっていることが多く、わざわざユニバースを投入する意義が薄いのも欠点。

タイプ2

無垢の宝剣(イノセント・ハンター) UC 自然文明 (4)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000
どんな種族の進化クリーチャーを、このクリーチャーの上に置いてもよい。

《無垢の宝剣》をユニバースに進化させ、1回攻撃して進化元を空にする。次のターンにもう1回ユニバースを重ねるか、《時空の庭園》などを使いマナ山札にあるフェニックスを下に重ね、メテオバーンを使い勝利する。
最速は2ターン目、3ターン目に《フェアリー・ギフト》を連続で使い、4ターン目に勝負を決められる。ただ、起こる確率は0に等しい。
比べて多少やりやすいのが、2ターン目の《フェアリー・ライフ》などから繋ぐことで5ターン目に勝負を決める方法である。やはり除去されやすいため、あまりメジャーではない。
しかし、「パワー17000のT・ブレイカー」かつ「進化クリーチャーなので召喚酔い無し」と単体のスペックはかなり高いので、序盤にこのようなファッティが飛んでくるのは敵にとって悪夢である。
なお、《無垢の宝剣》の代用は同型再販《無垢なる刃ビャッコ》でも可能。また、《メガ・イノセントソード》などで任意のクリーチャーを擬似《無垢の宝剣》にすることもできる。

タイプ3

光彗星アステロイド・マイン UC 光文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 11000
進化V−自分のアーク・セラフィム、セイント・ヘッド、アポロニア・ドラゴンのいずれか2体を重ねた上に置く。
相手がバトルゾーンのクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
W・ブレイカー

リバース・トーン R 光文明 (4)
呪文
S・トリガー
バトルゾーンにある進化クリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーの下にあるカードをすべて、持ち主の手札に戻す。

ユニバースで特殊勝利を狙うデッキでは一番やりやすい。アーク・セラフィムなどから進化させた《光彗星アステロイド・マイン》進化元《リバース・トーン》で抜き、それをユニバースに進化させて即刻勝利を狙うというもの。
《光彗星アステロイド・マイン》アンタッチャブルであるため除去されにくく、進化元として強力なブロッカーも数多く投入できるため、最も簡単に特殊勝利を狙える。キーカードがすべてに集中していることもあり、デッキ構築も比較的容易。

タイプ4

超神星ブラックホール・サナトス SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:フェニックス 13000
進化GV−自分のグランド・デビル、ティラノ・ドレイク、ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリットのいずれか3体を重ねた上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、進化クリーチャーの下にあるカードをすべて、持ち主の墓地に置く。
G・L・ゲート:グランド・デビル、ティラノ・ドレイク、ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリット(このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに、好きな数のグランド・デビル、ティラノ・ドレイク、ディープ・マリーン、ブレイブ・スピリットを、自分の墓地から手札に戻してもよい。そうした場合、このクリーチャーを山札の一番下に置く)
T・ブレイカー

《超神星ブラックホール・サナトス》は場に出た時、自分の下にあるカードを全て墓地へ置くため、そのままユニバースに進化させて攻撃すれば勝利できる。
ただし、サナトス自身が重いため、そのまま狙うと13マナも必要となる。
《緊急再誕》《母なる紋章》コストを踏み倒し、それから進化すれば8マナで済むが、安定性に不安が残る。
使うなら上級者向けの戦法であることを覚悟するべきだろう。

タイプ5

ロイヤル・ドリアン R 自然文明 (5)
クリーチャー:ワイルド・べジーズ 1000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるすべての進化クリーチャーの一番上のカードを、持ち主のマナゾーンに置く。

大菜王ゴッド・バナナーン R 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 6000
進化−自分のワイルド・ベジーズ1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚、自分の手札に加えてもよい。
W・ブレイカー

時空工兵タイムチェンジャー R(UC) 水文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の進化クリーチャーを1体選ぶ。そうした場合、自分の山札を見てその中からクリーチャーを2体まで選び、相手に見せてから、選んだ進化クリーチャーの下に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。

《グレイト・カクタス》から《大菜王ゴッド・バナナーン》進化し、メテオバーン進化元をなくす。《時空工兵タイムチェンジャー》でバナナーンの下にユニバースを2枚仕込み、素出しの《ロイヤル・ドリアン》でバナナーンをそこから引っぺがす。するとユニバースの上に重なったユニバースが場に残るので、攻撃して勝利。
このデッキでは、直前までユニバースを使わないため、相手に警戒されにくいのが利点。こちらもコンボが決まるまでにバナナーンを除去されないようにする必要がある。
だがこの方法にはエラッタが出され(「進化クリーチャーの一番上のカードが分離して、下にあった進化クリーチャーバトルゾーンに残ったとき、全てを一度バラバラにして正当な進化ルートで重ね直す」というもの)、このコンボは現在では使用不可能になっている

タイプ6

超神星DEATH・ドラゲリオン SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ/フェニックス 11000
マナ進化GV−闇のクリーチャーを3体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚まで墓地に置いてもよい。そうした場合、そのターン、こうして墓地に置いたカード1枚につき、バトルゾーンにあるクリーチャーすべてのパワーは-3000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される。)
W・ブレイカー

《超神星DEATH・ドラゲリオン》メテオバーンによって一度に進化元を空にできるので、4と同様、そのままユニバースに進化させて攻撃すれば勝利できる。
《超神星DEATH・ドラゲリオン》マナ進化GVであるため、ほかのタイプと違い進化元を場に揃える必要がなく、同時にドラゲリオンのメテオバーンによって相手のクリーチャーをほぼ根絶やしにできるため、ユニバースに進化する直前に隙ができにくい。
ただし、《超神星DEATH・ドラゲリオン》除去耐性がない上にメテオバーン効果もあり、S・トリガーなどを踏むと非常に破壊されやすい。こちらは進化元であると同時にリアニメイト可能な《黒神龍グールジェネレイド》によってビートダウン方式に切り替えるなどの対策は可能。

その他

【ザ・ユニバース・ゲート】における決定力のある勝ち筋としてこのタイプのエクストラウィンを採用したデッキも多く、《ザ・ユニバース・ゲート》で獲得したエクストラターンの間に一連の手順を済ませ、勝利に持ち込むパターンとなる。この場合は保険の進化元として《超神星アレス・ヴァーミンガム》も合わせて搭載されることが多い。
決まればほぼ確実にエクストラウィンを決めることができるが、より複雑なコンボデッキであるため安定性は低い。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:54:19