【ラララオプティマス】

《常勝ディス・オプティマス》スペース・チャージ能力を《薫風妖精コートニー》《妖精の裏技ラララ・ライフ》を使って好きなだけ使い回す無限ブーストコンボ、またはそれを主軸にしたデッキ

エピソード1《常勝ディス・オプティマス》が登場してからその歴史は始まり、種々の主要パーツ殿堂入りを受けながらも、細く長く生き続けてきた。意外かも知れないが、それなりに伝統のあるデッキタイプである。

大きく分けて7世代に分類される。

  1. (2011年9月23日〜2012年3月14日)
    《母なる紋章》使用可能期
  2. (2012年3月15日〜2013年9月20日)
    《獰猛なる大地》代替期
  3. (2013年9月21日〜2014年5月23日)
    《妖精の裏技ラララ・ライフ》&《疾封怒闘 キューブリック》&《トンギヌスの槍》獲得期
    (ここからがいわゆるラララオプティマスであり、それ以前は単にオプティマスループとだけ呼ばれていた)
  4. (2014年5月24日〜2014年9月19日)
    《陰陽の舞》&《疾封怒闘 キューブリック》殿堂入り
  5. (2014年9月20日〜2016年5月27日)
    《術英雄 チュレンテンホウ》&《龍覇 M・A・S》獲得期
  6. (2016年5月28日〜2017年2月25日)
    《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》&《アルカディア・スパーク》獲得期
  7. (2017年2月26日〜)
    《常勝ディス・オプティマス》殿堂入り
常勝ディス・オプティマス SR 光/水文明 (6)
クリーチャー:グレートメカオー/エイリアン 6000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スペース・チャージ:光/水(自分のマナゾーンに光、水のいずれかまたは両方を持つカードが置かれた時、このクリーチャーのSC能力を使ってもよい)
SC―光:呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
SC―水:自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。その後、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
W・ブレイカー
薫風(くんぷう)妖精コートニー R 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000
自分のマナゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。
妖精の裏技ラララ・ライフ C 自然文明 (3)
呪文
G・ゼロ−バトルゾーンに自分のスノーフェアリーがあれば、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

好きなだけマナを増やしてから何らかの手段でマナゾーンカードをすべてアンタップさせれば勝ちは決まったようなものである。


コンボ方法

  1. バトルゾーン《常勝ディス・オプティマス》《薫風妖精コートニー》を何らかの手段で用意する。
  2. 《薫風妖精コートニー》スノーフェアリーなので《妖精の裏技ラララ・ライフ》をただで唱えられる。
  3. 山札からマナゾーンにカードを置くとき《薫風妖精コートニー》の能力ですべての文明を持っているとして扱う。
  4. 《常勝ディス・オプティマス》のスペース・チャージがトリガーし墓地にある《妖精の裏技ラララ・ライフ》を回収しながら手札シールドのカードを交換しほかのパーツを探す。
  5. 2〜4を繰り返し必要なだけマナがたまったらそれぞれの勝利手段に向けてループするだけである。

主要カード

《ボルバルザーク・エクス》マナがすべてアンタップ
《チュレンテンホウ》登場後は必須パーツから脱落
《獰猛なる大地》《ボルバルザーク・エクス》などをループさせる

候補カード

特徴

  • 基本構成がしっかりと押さえられているならばどのような勝ち筋でも目指せるため個人差が大きい。
  • (例)
  1. 《超銀河竜 GILL》《獰猛なる大地》で使い回し安全にダイレクトアタックを決める。
  2. 《偽りの名 iFormulaX》などのエクストラウィンを狙う。
  3. ループ中に2体目の《常勝ディス・オプティマス》を出して、余分に呪文サルベージする体制を整えて勝利する。(《マナ・クライシス》を使い回し相手に何もさせない。《トンギヌスの槍》ループによる安全なダイレクトアタック。《超次元ガロウズ・ホール》ループによる《サイバー・J・イレブン》エクストラウィンなど)
    《術英雄 チュレンテンホウ》登場後は、2体目の《オプティマス》の代わりに《チュレンテンホウ》を《セイレーン・コンチェルト》で回収して出す型がメジャーとなる。こうすることで《セイレーン・コンチェルト》を1回につき2度唱えられるようになり、《ボルバルザーク・エクス》なしでもマナを疑似アンタップできるようになる。
  4. 《黒神龍ザルバ》による無限ドロー《パクリオ》《サイバー・N・ワールド》による無限シールド追加など、cipループ?ライブラリアウトを狙う。
    など以外にもいろいろなことができる。
  1. 1ターン目 マナチャージ、《海底鬼面城》を要塞化。
  2. 2ターン目 マナチャージ、《フェアリー・ライフ》もしくは《霞み妖精ジャスミン》を使用。または《薫風妖精コートニー》を出し、《妖精の裏技ラララ・ライフ》を撃つ。
  3. 3ターン目 マナチャージ(ここまでに《陰陽の舞》をマナに置いておかなくてはいけない。)、マナの《陰陽の舞》をタップしつつ《薫風妖精コートニー》を召喚し、《妖精の裏技ラララ・ライフ》を撃つ。2ターン目にコートニーを出している場合はマナの《陰陽の舞》をタップしつつ《フェアリー・ライフ》もしくは《霞み妖精ジャスミン》を使用。
    どちらの場合でもこの時、マナにレインボーが置かれず、手札に《ヒラメキ・プログラム》《妖精の裏技ラララ・ライフ》があればループ始動である。
    また、《フェアリー・ギフト》を使うことでも最速先行3ターン目ループが可能。
  4. 1ターン目 マナチャージ、《海底鬼面城》を要塞化。
  5. 2ターン目 マナチャージ、《薫風妖精コートニー》を出し、《妖精の裏技ラララ・ライフ》を撃つ。
  6. 3ターン目 マナチャージ、《フェアリー・ギフト》を使用し、《常勝ディス・オプティマス》を出す。この時点で手札に《妖精の裏技ラララ・ライフ》があればループ始動である。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:41:18