【ランデスドルゲーザ】

《剛撃戦攻ドルゲーザ》ランデスを組み合わせたデッキ
主に自然の4で構成される。

剛撃戦攻ドルゲーザ SR 水/自然文明 (8)
クリーチャー:アースイーター/ジャイアント 9000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
シンパシー:アースイーターおよびジャイアント(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のアースイーターまたはジャイアント1体につき1少なくなる。ただしコストは2より少なくならない)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のアースイーター1体につき1枚、カードを引いてもよい。その後、バトルゾーンにある自分のジャイアント1体につき1枚、カードを引いてもよい。
W・ブレイカー

焦土と開拓の天変 UC 火/自然文明 (5)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。その後、自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く。

通常のランデスのように《フェアリー・ライフ》から《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》《緑神龍ミルドガルムス》につなげる流れを重視せずに、《スペース・クロウラー》手札補充し、《焦土と開拓の天変》《英知と追撃の宝剣》などで相手を妨害しつつ《剛撃戦攻ドルゲーザ》召喚、次のランデスカードを補充、というプレイングが一般的である。

また通常の【ドルゲーザ】デッキと違い、《西南の超人》が候補にあがりづらいというのも特徴。

主要カード

その他の候補カード

《バジュラズ・ソウル》をメインに組み立てるならコスト踏み倒しが可能な《維新の超人》《大神秘ハルサ》を、《英知と追撃の宝剣》なら《再誕の社》などでマナに送り、《ストーム・クロウラー》《天空の超人》で使い回したりと構成の自由度はかなり高く、殿堂入りしているパワーカードも有効活用しやすい。

また、《西南の超人》《大神秘ビシャモン》コスト軽減を利用して大量展開し、《竜脈噴火》を使用するタイプも存在する。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:24:50