【リーフボルバル】

《無双竜機ボルバルザーク》が世に出た当初、デュエルロード等では一部非殿堂ルールを実施している店舗が存在しており、その短い時期に限られた大会で使用された、殿堂ルール非対応のデッキ。

《アストラル・リーフ》《無双竜機ボルバルザーク》という極悪カードを贅沢に組み合わせたその性能は他のデッキを圧倒していて、まさに無敵の強さを誇った。

アストラル・リーフ VR 水文明 (2)
進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000
進化ー自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、カードを3枚引いても良い。

無双竜機ボルバルザーク VR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 6000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のパワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。その後、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。そのターンの終わりに、自分はゲームに負ける。
スピードアタッカー
W・ブレイカー

基本的には《無双竜機ボルバルザーク》フィニッシャーにした青赤緑ビートダウン。基本的な動きは【ボルバルブルー】と変わらないが、非殿堂対応の為《アストラル・リーフ》《サイバー・ブレイン》という最強ドローカードがそれぞれ4枚積みされている。

《アストラル・リーフ》《母なる大地》のシナジーも強力。過剰なドローを最大限まで悪用し、極悪フィニッシャーで一気に勝負を決める。恐らく今後も最強のデッキとして語り継がれるであろう。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 15:08:39