【リーフ青単】

かの凶悪進化クリーチャー《アストラル・リーフ》を主軸とした【青単速攻】

殿堂入り施行以前の基本セット環境から闘魂編環境にかけて暴れ回ったデッキである。

現在は《アストラル・リーフ》《ストリーミング・シェイパー》など、多くのパーツが殿堂入りしているため構築することはできない。

アストラル・リーフ VR 水文明 (2)
進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000
進化−自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、カードを3枚引いてもよい。

主力種族はサイバー・ウイルスリキッド・ピープル
DM-07以前の環境である、第一次殿堂施行以前に猛威を振るった。

《アストラル・リーフ》を初めとする優秀なドローソース群、その手札からS・トリガーを設置する《エメラル》が搭載され、攻守ともに隙のないデッキだった。

主要カード

《アストラル・リーフ》2コスト3ドローアタッカー。当時無制限
《マリン・フラワー》サイバー・ウイルス進化元
《グレープ・ジェリー》
《エレガント・ランプ》グレープジェリーの下位互換のためDM-07までの活躍

クリーチャー

《アクア・ガード》リキッド・ピープル進化元
《アクア・ビークル》
《アクア・ハルカス》ドローウィニー。当時無制限だが、ドロー過剰なので投入されないことも
《アクア・サーファー》S・トリガーのリキッド・ピープル
《エメラル》S・トリガー仕込み用ウィニー。当時無制限
《コーライル》除去クリーチャー
《アングラー・クラスター》ブロッカー。しかし混色トリガーが使いにくくなる
《クリスタル・パラディン》フィニッシャー
《クリスタル・ランサー》

呪文

《ストリーミング・シェイパー》水単色専用ドローソース。当時無制限
《サイバー・ブレイン》ドローソース。当時無制限
《ホーリー・スパーク》S・トリガー専用。タッチ光扱い
《デーモン・ハンド》S・トリガー専用。タッチ闇扱い
《深緑の魔方陣》S・トリガー専用。タッチ自然扱い

殿堂ゼロ環境での候補

基本戦術

《マリン・フラワー》から最速2ターン目に《アストラル・リーフ》を繰り出し、3枚ドローしつつ進化速攻していく。《エレガント・ランプ》《グレープ・ジェリー》など、2マナ以下の進化元は当時からそれなりに存在したため、簡単に出すことができた。

圧倒的な手札からウィニーを繰り出して相手を圧殺する。わずか2マナで3枚引きつつ召喚酔いなしで殴れる強さは、《サイバー・ブレイン》プレミアム殿堂していることからも明らかである。

フィニッシャーにはブロッカーを無力化する《クリスタル・ランサー》《クリスタル・パラディン》が使用可能。守りに関しては青単ならパワー6000となる《アングラー・クラスター》S・トリガーを仕込める《エメラル》が使えた。

当時の大会の上位はほとんどこのデッキタイプ同士の戦いとなっていたため、同系戦をどう制すかがメタゲームの鍵だった。

基本的にひたすらビートダウンしていくが、同系戦で相手の事故につけ込むことができるように、【クリーチャーコントロール】的に数を揃えてからシールドをブレイクしていくこともある。上級者同士ではプレイングによって動きを変えていくこともあった。


環境において

DM-04が発売されると、すぐさま《アストラル・リーフ》《マリン・フラワー》の組み合わせが注目され、デッキが組まれた。

前弾のDM-03で登場した《ストリーミング・シェイパー》《アングラー・クラスター》を組み合わせ、非常に強力なデッキタイプとして成立。瞬く間に環境を席巻した。

《マリン・フラワー》から繋いで2ターン目に《アストラル・リーフ》を出す流れはインフレの進んだ現在の視点で見ても非常に凶悪であり、このデッキタイプトップメタに君臨することは自然な流れだった。事実上、混沌としたメタゲームを初めて制したデッキと言える。

《アストラル・リーフ》の凶悪さは、やがて様々な派生デッキを生み出していく。自然文明を混色し、さらに洗練した【トリガーターボ】《アストラル・リーフ》《メビウス・チャージャー》を撃ち込んで爆発的なマナブーストを行う【ターボメビウス】などである。

実際に闘魂編メタゲームサバイバーなどの例外を除けばほとんどが同系であったため、いかにミラーマッチを制すかが鍵となっていた。

そして2004年3月15日、デュエル・マスターズ史上最初の殿堂入りレギュレーションが制定され、《ストリーミング・シェイパー》《エメラル》らとともに《アストラル・リーフ》殿堂入り

リーフを主軸にした他の多くのデッキとともに、このデッキタイプも消滅した。サイバー・ウイルスを主軸にした【速攻】メタゲームに再び姿を現すのには神化編での【サイバー青単】の出現を待つこととなる。

また、殿堂ゼロデュエルなどの特殊なレギュレーションでは、《パラダイス・アロマ》などを加えたタイプが使用されることもある。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:25:52