【リュウセイ・ジ・エンド】

《決着のリュウセイ・ジ・エンド》コンセプトにしたデッキ

決着のリュウセイ・ジ・エンド SR 水/火文明 (8)
進化クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 12000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
G・ゼロ - バトルゾーンに自分の、名前に《リュウセイ》とあるクリーチャーと《プリン》とあるクリーチャーがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
進化ー自分の、サイキック・クリーチャーではないドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルする時、バトルするかわりに、相手クリーチャーを持ち主の手札に戻し、このクリーチャーをアンタップする。
T・ブレイカー

《決着のリュウセイ・ジ・エンド》バトルする相手を置換効果によってバウンスし、さらに自身をアンタップできる。タップされた相手のクリーチャーが並んでいれば、それらをまとめて一掃することができる。

G・ゼロを持ち、リュウセイプリンがいれば、コスト踏み倒し召喚可能。条件はさほど難しくないので、意識した構成を心掛ければスムーズに出すことができる。

主要カード

リュウセイの候補

プリンの候補

その他の候補

超次元の候補

このデッキの戦い方

マナブーストからすばやくプリンリュウセイを揃え、速やかに《決着のリュウセイ・ジ・エンド》召喚を狙う。

プリンの方は《涙の卒業プリン》《高飛車姫プリン》辺りが有力。
《超次元ホワイトグリーン・ホール》とは相性が良く、《勝利のプリンプリン》を出してマナ回収し、《決着のリュウセイ・ジ・エンド》回収できる。
既にプリンリュウセイがいるならば、《超次元グリーンレッド・ホール》《激相撲!ツッパリキシ》を出し、《決着のリュウセイ・ジ・エンド》マナ回収しつつ、進化元アンタップキラーにすることができる。

リュウセイの方は《閃光のメテオライト・リュウセイ》が有力。cipで敵獣を全てタップできるため、《決着のリュウセイ・ジ・エンド》能力を御膳立てになる。

《不敗のダイハード・リュウセイ》G・ゼロの条件を満たすのに使え、脇に立たせておけばシールド焼却ができる。少々勿体ないが、いざとなればそちらに重ねてもいい。

《勝利のリュウセイ・カイザー》《次元流の豪力》《カモン・ピッピー》から手軽に出せるが、サイキック故に進化元にはできないので注意。
《ボルバルザーク・エクス》をノーコストの進化元にしたり、《偽りの名 バルキリー・ラゴン》《決着のリュウセイ・ジ・エンド》サーチしてそのまま重ねるなどするといいだろう。

このデッキの弱点

G・ゼロの条件がバトルゾーンクリーチャーなので、除去を得意とするデッキが相手だと苦しい。とはいえ、カードパワーの高いリュウセイを複数枚採用できるので、それらをそのまま使っていけば十分に戦っていける。

ニンジャ・ストライクで出せるブロッカーは天敵。
バトルするかわりに強制バウンスしてしまうため、《光牙忍ハヤブサマル》《光牙王機ゼロカゲ》を1枚握られているだけで攻撃を完封されてしまう。

《不敗のダイハード・リュウセイ》シールド焼却を狙うか、《永遠のリュウセイ・カイザー》タップインブロックを封じればいいだろう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 02:08:19