【ルナ・リボルバーホイール】

《ルナ・リボルバーホイール》を使った即死コンボデッキ。

ルナ・リボルバーホイール UC 水文明 (4)
クリーチャー:サイバー・ムーン 5000
自分のターンのはじめにアンタップする時、このクリーチャーはアンタップされない。
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーをアンタップする。

《ルナ・リボルバーホイール》の「他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーをアンタップする。」の部分を利用する。基本的な流れとしては、

  1. 《ドラム・スピリット》や、《ビックリ・イリュージョン》からの《プロミネンス・カタストロフィー》などを使って、2体目の《ルナ・リボルバーホイール》を呼んでくる。
  2. すると、1体目の《ルナ・リボルバーホイール》がアンタップされる。
  3. 《ドラム・スピリット》の場合は、《スカイ・ジェット》などでスピードアタッカー化して、《ドラム・スピリット》をクロスしたホイール以外で攻撃。そのあと3体目以降のホイールを呼んでくれば全てのホイールがまたアンタップされるため、それを繰り返す。
    《プロミネンス・カタストロフィー》の場合は、攻撃すれば自動でホイールが登場してまたアンタップされるため、そのままクロスされているホイールで殴り続ける。

このようにして、1ターンで相手に致死量の攻撃を与えることが目的となる。クロスギアが多くなるので、《フルスロット・サージェント》などのクロスギア補助カードを使った方が回りやすい。

パーツが多いため、苦手とするブロッカーを除去するカードや様々なアドバンテージ取得カードを入れにくく、ガチデッキに昇進させることは難しいものの、豪快で派手なプレイングを楽しむことが出来るデッキである。


変型版として、ニンジャ・ストライクを利用する型が存在する。
《トリプル・ブレイン》《剛撃戦攻ドルゲーザ》で手札を増やし、シノビを大量に確保。《ルナ・リボルバーホイール》で攻撃しては《威牙の幻ハンゾウ》などの戦闘補助シノビをストライクしつつアンタップ、ブロッカーを突破する。

相手がブロックせずに除去を狙ってくるタイプのデッキだと全く回らないし、シノビだけだと爆発力もないが、大型ブロッカーを突破できるのが初期型にはない利点。

《ロスト・ソウル》《ソウル・アドバンテージ》などの大型ハンデスに弱いという弱点があるものの、ある程度はまともに戦えるようになった。
また、アタッククリーチャーを展開できる能力を持ったカードが登場したため、より能動的に能力を使用することができるようになった。(>【脈城神帝】

この【脈城神帝】の亜種として、《神羅マグマ・ムーン》を用いた、4コストを多用したタイプも存在し、進化元には疑似SAである《超合金マッハ・ホウオウ》、ブースト用にS・トリガーを持つ《マッスル・ポテト》等、なかなかお目にかかれないクリーチャーを搭載する。《マグマ・ムーン》自体を引っ張ってこれる《進化の化身》もコスト4。
搭載可能なクリーチャーのコストが限定されることもあり、爆発力は見た目ほど高くない。しかし、一度《マグマ・ムーン》と《リボルバーホイール》が揃えば、相手の状況に関わらずほぼ失敗しないため、コンボ始動後はほぼ確実にゲームエンドに持ち込める。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:08:29