【ロマネスクリアニメイト】

《龍仙ロマネスク》を中核としたリアニメイトデッキ
そのほとんどは「自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く」というデメリットメリットに変換する構成をとる。

龍仙ロマネスク SR 光/火/自然文明 (6)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン 5000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、マナゾーンに置いてもよい。
自分のターンの終わりに、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。

《龍仙ロマネスク》が所持する白赤緑に、《インフェルノ・サイン》など各種リアニメイトカードを使用できる闇を加えた白黒赤緑の4色が主流。
必要に応じて、ヘヴィ・デス・メタル《邪眼皇ロマノフI世》《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》等の多彩なフィニッシャーを取る。

理想の流れは、《ダンディ・ナスオ》《青銅の鎧》《インフェルノ・サイン》《龍仙ロマネスク》を出して大量ブースト。その後はデメリットでマナから墓地に落ちたカードをリアニメイトするなり、たまったマナから普通に召喚するなり、臨機応変に。
理想の流れなので無理にリアニメイトを狙う必要はない。
水を入れた亜種も存在する。

主要カード

候補カード

《青銅の鎧》《インフェルノ・サイン》への繋ぎ
《魔光王機デ・バウラ伯》墓地からの呪文回収
《インフェルノ・ゲート》基本的には5枚目の《インフェルノ・サイン》
《龍神メタル》ヘヴィ・デス・メタルパーツ1
《龍神ヘヴィ》ヘヴィ・デス・メタルパーツ2 ロマキャンも
《破壊神デス》ヘヴィ・デス・メタルパーツ3 対コントロール
《魔龍バベルギヌス》リアニメイトドラゴン ロマキャンも
《邪魂創世》ドロースペル ロマキャン
《魔刻の斬将オルゼキア》リアニメイト対象 大量除去 ロマキャン
《黒神龍グールジェネレイド》ロマネスクと強力なシナジー
《邪眼皇ロマノフI世》リアニメイト対象 墓地の《インフェルノ・サイン》等を再利用
《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》リアニメイト対象 高い除去耐性
《超竜バジュラ》ドラゴン進化のフィニッシャー ロマキャンも

4ターン目という理想のターンにリアニメイトできないことも多い上、ほとんどのビートダウンS・トリガーでしか対処できないのが弱点。

あくまでリアニメイトは理想の動きとしておき、2ターン目に《ダンディ・ナスオ》を出せなかった場合、《青銅の鎧》か他のブーストカード→《龍神ヘヴィ》《龍仙ロマネスク》の動きを取った方が、結果として効率がよいことが多い。

【ロマノフサイン】とハイブリッドさせたデッキもある。この場合「ロマロマサイン」もしくは「ロマネスクサイン」と呼ばれる。

  • 略称は「ロマサイ」(ロマネスクサイン) 「ロマネリアニ」など。

参照


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:37:04