【ロマノフゲート】

《邪眼教皇ロマノフII世》《インフェルノ・ゲート》シナジーを活かしたリアニメイトデッキで、殿堂ゼロデュエル環境に存在する。をベースに構築される。

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

邪眼教皇ロマノフII世 P 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を墓地に置く。その中から、コスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。

主要カード

《インフェルノ・ゲート》
《インフェルノ・サイン》《ロマノフII世》などにアクセス
《ルソー・モンテス/法と契約の秤》クリーチャー面でハンデスしながら墓地肥やし呪文面で7コスト以下をリアニメイト
《邪眼教皇ロマノフII世》《サイン》、《法と契約の秤》で呼び出し、墓地を肥やしてからさらに《ゲート》へ
《勇愛の天秤》赤黒リアニメイトでは定番の手札交換手段
《ロスト・チャージャー》山札からピンポイントで墓地肥やししつつマナブースト
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《ロマノフII世》で肥やした墓地から必要な呪文を唱えるために
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》5マナ払って《ゲート》で出すなら破格のカードパワー
《勝利宣言 鬼丸「覇」》4ターン目に出して、cipを使い終わった《ロマノフII世》や《サイクリカ》と共にビートダウンしよう
《ボルバルザーク・エクス》打点補強要員。マナがそれほど伸びないので入れて2枚
《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》これよりフィニッシュ性能に優れるクリーチャーが多いので、入れて1枚程度の枠

このデッキの回し方

2ターン目に《ルソー・モンテス》ハンデス墓地肥やしを同時に行い、3ターン目に《ロスト・チャージャー》フィニッシャー《インフェルノ・ゲート》を落とすのが理想の流れ。4ターン目に《インフェルノ・サイン》《法と契約の秤》《邪眼教皇ロマノフII世》を呼び出し、墓地を肥やしてから2枚目のリアニメイト呪文で《龍素記号Sr スペルサイクリカ》踏み倒しによって出し、そのまま《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の能力で《インフェルノ・ゲート》を唱えてしまおう。

後は《インフェルノ・ゲート》で呼び出した《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》《勝利宣言 鬼丸「覇」》らで積極的に攻めるだけである。

短所

コスト踏み倒しメタ墓地利用メタ呪文メタには当然だが弱い。だが、殿堂ゼロデュエルでは殿堂レギュレーション以上にカードパワー、能動的な動きを重視し、メタカードで牽制する動きは主流ではない。だからこそ殿堂ゼロデュエルで活躍しているのだと言える。

参考