【ワイルド・ベジーズ】

《バロン・ゴーヤマ》《グレイト・カクタス》を使ってベジーズを4体以上展開していき、G・ゼロ能力を持つ《味頭領ドン・グリル》で殴りにかかるビートダウンデッキ。

自然をメインにが投入されることが多い。

デッキの流れとしては2ターン目に《ダンディ・ナスオ》《ジオ・ナスオ》で墓地を肥やし、3ターン目に《ビクトリー・アップル》または《クリクリ・イガラーズ》で墓地に置いたクリーチャーをマナに置きマナ加速、そして5マナになった4ターン目に《バロン・ゴーヤマ》《グレイト・カクタス》をバトルゾーンに持ってき、カクタスの能力で《味頭領ドン・グリル》を持ってくる。ここまで除去されなければワイルド・ベジーズが4体揃っているはずなので《味頭領ドン・グリル》を展開して一気に殴りにかかりフィニッシュ。

基本的な動きは自然だけで完結している為、動きやすくするように他の文明を入れていこう。《ビクトリー・アップル》フォートEを生かす為、なにかしらドラゴンは入れておきたい。

主要ワイルド・ベジーズ

候補ワイルド・ベジーズ

《アラゴト・ムスビ》cip使い回し
《レイジング・バンブー》最軽量ベジーズ 攻撃できない
《大集結!ドングリ軍団》ベジーズのS・トリガー 攻撃封じ
《剛勇妖精ピーチ・プリンセス》2体目のコストダウン さらなる展開に
《剛勇妖精フレッシュ・レモン》3体目のコストダウン ここまで来ると手札補充が重要
《ブルーザー・クヌーギ》ゴーヤマで出せるW・ブレイカー

その他候補カード

昔からワイルド・ベジーズは展開力があったものの、フィニッシャーに欠けていたのが難点だった。だが、《味頭領ドン・グリル》の登場でその問題は解消され、一気に大会でも十分優勝を狙えるような強力なデッキとなった。

レアリティが高いカードも多く集めにくいのも難点だったがDMX-11で必要なパーツが一気に再録された為、デッキを作るのが容易になった。その時、《ビクトリー・アップル》だけが再録されなかったがDMX-12で再録された為、必要なパーツはエピソード1以降のカードでほぼすべてそろえられるようになった。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:52:00