【ワンダー・トリック】

種族としてのワンダー・トリック→ワンダー・トリック

種族ワンダー・トリックを中心に組まれたデッキ。
この種族自体がフィニッシャーになることは少なく、中盤以降の高コストクリーチャーにつなぐのがメインとなる。

護法僧リョクドウ VR 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ワンダー・トリック 7000
進化−自分のワンダー・トリック1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚を自分のマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。
W・ブレイカー

紅神龍ジャガルザー VR 火文明 (6)
クリーチャー:ボルケーノ・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
ターボラッシュ(自分の他のクリーチャーがシールドをブレイクしたあと、そのターンが終わるまで、このクリーチャーは次のTR能力を得る)
TR−バトルゾーンにある自分のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。

《護法僧リョクドウ》のマナブースト&マナ回収から、《ツインキャノン・ワイバーン》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》といったフィニッシャーや、場の自分のクリーチャースピードアタッカー化する《紅神龍ジャガルザー》を召喚していく。
《護法僧リョクドウ》によってマナゾーンから高コストのクリーチャーを回収できるため、5マナから7マナという流れが安定する。
ただし、マナ回収した後のハンデスには弱いので、マッドネスクリーチャー《緑神龍アーク・デラセルナ》等でハンデス対策を考えておくことが必要になる。

上記の3種類のクリーチャーをはじめとした強力なフィニッシャーを有する火文明と、《ストリーミング・チューター》等のドローを持つ文明の3色(青赤緑)で構成される事が多い。

過去にはあの凶悪クリーチャー《無双竜機ボルバルザーク》を投入した形も存在したが、このカードのプレミアム殿堂後は見られなくなった。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:25:05