【ヴァルキリアス・ムサシ】

進化V《戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ》フィニッシャーにしたサムライデッキ

戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ VR 火文明 (6)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/アーマード・ドラゴン/サムライ 11000
進化V−自分のサムライ・クリーチャー2体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、進化ではないサムライ・クリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。そのターンの終わりに、そのクリーチャーを破壊する。
W・ブレイカー

《戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ》召喚に成功すれば、手札から2体のサムライスピードアタッカーにして投げ込むことができる。《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》などを出せば、大量のシールドブレイクすることができるため、ターン終了時に破壊されるデメリットもそれほど気にならない。

反面、手札の消費が非常に激しく、このカードと出すサムライの3枚に加えて、進化元サムライの2枚を合わせた計5枚のカードを使う必要がある。

よって、《ムサシ》の手札補充を加えた2色で組まれることが多い。場合によっては《風来の股旅ビワノシン》自然が加えられる。

主要カード

出すサムライの候補

進化元の候補

その他

このデッキの使い方

ドローソース《戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ》コスト踏み倒しする大型サムライを集める。5枚表向きにした中から自然のカードを手札に加える《ストリーミング・チューター》は役立つだろう。

《闘龍鬼ジャック・ライドウ》cipサーチしつつ進化元になれるので便利である。

準備が整ったら《戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ》召喚《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》などの大型を出して一気に攻め立てる。

《紫電》は2回攻撃で最大4枚のシールドブレイクできるため、これが出せれば1ショットキルの圏内となる。止めを刺し切れるならばターン終了時に破壊されるデメリットも気にならない。

《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》《ポッポ・弥太郎・パッピー》がいればサムライを場に残せる可能性があるので、一応覚えておきたい。

このデッキの弱点

進化Vの性質上、進化元を次々に破壊されてしまうと手も足も出なくなる。もっとも、大型のサムライが複数枚積まれるため、マナさえ貯まればそれらで攻めていくことが可能。

また、手札から踏み倒す都合上、どうしてもハンデスに弱い。《特攻人形ジェニー》《ゴースト・タッチ》ならば《海王提督ラネーバ・早雲》で牽制できるが、《解体人形ジェニー》ピーピングされてはどうしようもない。

このカードを召喚しても、出すサムライがないのではただの準バニラになってしまうため、潤沢なドローソースによる物量で対抗したい。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:51:43