英霊王(えいれいおう)スターマン】

 DM-12 「聖拳編 第3弾 魔封魂の融合(エターナル・ボルテックス)」で登場した5枚の王のうちの1枚《英霊王スターマン》を主力としたデッキ
 の2色、もしくはを加えて構築されることが多い。を加えたトリコロールで組まれることもある。

英霊王スターマン SR 光/水文明 (5)
進化クリーチャー:スターノイド 9000
進化V−自分のライトブリンガー1体とサイバーロード1体を重ねた上に置く。
このクリーチャーが攻撃した時、またはバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま自分のシールドに加える。
W・ブレイカー

《英霊王スターマン》アタックトリガーバトルゾーンを離れる時にシールド追加を行う。出して殴っていくだけでシールドがどんどん増えていくので、相手のビートダウンに対して非常に心強い。

ライトブリンガーサイバーロードを中心に組まれる。《ギガジャドウ》のようなスーサイドカードを使う場合はタッチされる。

主要カード

進化元の候補

進化の候補

サポートの候補

超次元の候補

このデッキの戦い方

軽量かつ優秀なサイバーロードライトブリンガークリーチャーを展開し、《英霊王スターマン》に進化させた後に殴りきって勝つのが基本的なコンセプトである。

スターマン自身の能力もさることながら、《予言者キュベラ》《斬隠テンサイ・ジャニット》《予言者プロキオン》《予言者コロン》など、ビートダウンに耐性のある進化元クリーチャーが多く、【速攻】をはじめ各種ビートダウン系のデッキに対して有利に動きやすい。ビートダウンに強いビートダウンデッキと言って良いだろう。

一方で場を固めた後にシールドを一斉にブレイクするコントロール系のデッキには苦戦しがち。とりわけシールド数を全く気にせずにライブラリアウトを狙うデッキは、スターマン自身の効果も相まって天敵になりうる。

 登場当時から比較的扱いやすい進化元クリーチャーが多かった為、同サイクル《聖獣王ペガサス》《蛇魂王ナーガ》などと比べ、デッキは組まれやすかった。
 以後も殿堂クリーチャー《アクア・ハルカス》相互互換である《クゥリャン》の登場、戦国編神化編におけるサイバーロードおよびライトブリンガーの猛プッシュなどを受け、時代とともに着実に強化されてきているデッキタイプである。
 進化元以外にも《バブル・トラップ》《無敵城 シルヴァー・グローリー》《ギガジャドウ》といった増えたシールドをアドバンテージに変換できるカードが増え、戦術にバリエーションを与えた。
進化元クリーチャーの種族を生かし、サイバーオリジンの進化クリーチャーを添えてみるのも良いだろう。

その他

  • 優秀なサイバーロードとして名高い《パクリオ》も、ビートダウンを軸とするこのデッキとは相性が悪く、採用されないことが多い。
  • 現在ではファンデッキとして組まれることが多いが、2005年SCB鈴鹿大会では入賞を果たしている。ちなみにそちらは水光の構成。現在のところこれが唯一の公式大会での入賞である。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:48:26