【茄子サファイア】

《ダンディ・ナスオ》《ロスト・チャージャー》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》墓地に送り、《インフェルノ・ゲート》で最速4ターン目のリアニメイトを狙ったデッキ
赤黒緑青の4色で構成されるが、《ダンディ・ナスオ》マナの色調整ができるため色事故が少ないのも特徴。

ボルメテウス・サファイア・ドラゴン VR 火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 11000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+3000
T・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに、持ち主の墓地に置く。

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

ダンディ・ナスオ C 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から1枚選んで自分のマナゾーンに置き、自分のマナゾーンから1枚選んで墓地に置く。その後、山札をシャッフルする。

DM-19にてDM史上初のリアニメイト呪文である《インフェルノ・ゲート》が登場するとわかると、誰もが《ダンディ・ナスオ》とのコンボを考えた。

現実にそれまでのメタデッキであった【牙サファイア】メタゲームから追い出す事に成功した。
しかし、2006年の夏の公式大会SGLを前にして、メタゲームの中心は茄子サファイアに相性の良い【除去サファイア】に移りつつあり、結果SGL夏九州大会オープンクラス優勝が最初で最後の目立った戦績になった。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:36:46