鬼面城(きめんじょう)ギフト】

《海底鬼面城》《フェアリー・ギフト》を合わせたデッキ

《フェアリー・ギフト》は強力なコスト軽減カードだが、手札消費が激しい。その難点を《海底鬼面城》で解決し、同じく手札の増える相手よりも展開効率を上げて戦う。

様々な構築形が考えられるが、最も有力なのは《エンペラー・マルコ》と合わせた変形【マルコビート】と呼べる型である。
《パラダイス・アロマ》G・ゼロ《斬隠テンサイ・ジャニット》などのシノビを無理なく活用することにより、さらに手札の回転効率を上げ、《エンペラー・マルコ》ドロービーストフォークマナブーストで後押しする。

全体的なシナジーが非常に強く、強力なデッキタイプである。
今後、【マルコビート】以上に噛み合うひな形が出てくれば、他の構成も可能。現在はこのマルコタイプが最も安定性が高く、勝率も高いだろう。

海底鬼面城 UC 水文明 (1)
自分のターンのはじめに、相手はカードを1枚引いてもよい。その後、自分がカードを1枚引いてもよい。さらに、バトルゾーンに自分のサイバーロードがあれば、カードを1枚引き、自分の手札を1枚山札の一番下に置いてもよい。

フェアリー・ギフト UC 自然文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚するクリーチャー1体のコストを最大3少なくしてもよい。ただしコストは1より少なくならない。

構成色は+自然であり、【青緑ビートダウン】を基調とする。動き方も含め、あの【トリガーターボ】を彷彿とさせるデッキであろう。
タッチする文明はが有力で、何と言っても《海底鬼面城》と絶大なシナジーを形成する《ロスト・ソウル》が強い。を混色するのもありだろう。

序盤の動き

基本的には【マルコビート】と同様であるが、《海底鬼面城》を引いたら即要塞化したい。《フェアリー・ギフト》をからめて、早期に《エンペラー・マルコ》《スーパー大番長「四つ牙」》を降臨させ、ビートしていく。

中盤以降

《エンペラー・マルコ》《スーパー大番長「四つ牙」》などで押し込んでいく。あり余る手札《フェアリー・ギフト》G・ゼロシノビで消化。

主要カード

《エンペラー・マルコ》主力 殴り手兼ドローソース
《スーパー大番長「四つ牙」》主力 ブースト大型獣
《クゥリャン》進化元 ドローソース
《フェアリー・ギフト》コンセプト
《青銅の鎧》進化元 ブースト
《幻緑の双月》進化元 ブースト
《斬隠テンサイ・ジャニット》進化元兼軽量バウンスシノビ
《ムゥリャン》など2コストサイバーロード軽量進化元
《エメラル》S・トリガー仕込み 進化元
《海底鬼面城》コンセプト
《パラダイス・アロマ》G・ゼロ

その他

《ロスト・ソウル》鬼面城から撃って消耗勝負に持ち込めば、ほぼ勝ち
《英知と追撃の宝剣》マナ基盤兼重呪文
《デーモン・ハンド》S・トリガー除去。闇を使うなら
《威牙の幻ハンゾウ》強力シノビ
《アストラル・リーフ》出せれば、もしくはマナという思考で
《レベリオン・クワキリ》種族がかみ合わないが、鬼面城&ギフトとはまさに抜群の相性
《無双恐皇ガラムタ》闇を使うならマナ基盤兼トリガー対策に。シンパシー
《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》条件付き模擬SA
《呪紋の化身》トリガー封殺
《母なる紋章》ギフトと噛み合わせが悪いがやはり強力

ギフトを使うことにより、例えば双月→四つ牙という流れが可能であり、鬼面城が絡めばそこからチェレンコなど軽量サイバーを並べたりなど、4〜5ターンでシールドを5枚もっていけるほどの展開が可能。
【マルコビート】【黒マルコ】以上にピーキーかつ打撃力のあるデッキである。

弱点

大きな弱点はほとんどなく、かなり強力なデッキであるが、序盤に相手にほとんど干渉できない。
そのため、鬼面城でドローさせてしまうことも含め、大抵相手のデッキの良い回りを手助けしてしまう。

よって、マナブーストを軸にしてこのデッキの速さについてくるデッキには正面から当たることとなり、《ロスト・ソウル》やトリガー勝負になることが多い。
ブーストもドローも潤沢なため、ハンデスランデスにはかなり耐性がある。

シノビを大量に積んだデッキにやや弱いのは、鬼面城デッキなので仕方がないと言えるが、意外と【速攻】に苦労する。その代わり、コントロール全般には強かったが、《パラダイス・アロマ》殿堂入り《サイバー・N・ワールド》の登場によりやや弱体化した。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 00:35:09