【鬼面城ビート】

海底鬼面城 UC 水文明 (1)
自分のターンのはじめに、相手はカードを1枚引いてもよい。その後、自分がカードを1枚引いてもよい。さらに、バトルゾーンに自分のサイバーロードが1体でもあれば、カードを1枚引いて、自分の手札を1枚山札の一番下に置いてもよい。

高速ドローエンジン《海底鬼面城》を用いたビートダウンデッキ

普通、デュエル・マスターズにおいてはゲームシステム上、ビートダウンをすれば手札は減っていくものだが、《海底鬼面城》はその事実を簡単に覆す。
1ターン目に張ることができれば、その後は毎ターンマナを増やしながらカードを使っても、2ドローするため手札は減らない計算である。

当然、2枚以上の鬼面城が要塞化されれば、まさに使いきれないほどの手札を扱うことが可能となる。
ビートを仕掛けつつ、このあり余る手札をどう有効に使うかが鬼面城ビートの命題である。
当然ながら、初手から鬼面城を張る流れが理想なので、中心は文明である。

以下のようなデッキがある。

  • 毎回初手に鬼面城が来るとは限らないため、それをどうするかも重要。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 00:12:56