【逆流コスモ】

《神々の逆流》《ルナ・コスモビュー》を使ったコンボデッキ

神々の逆流 R 水文明 (9)
呪文
各プレイヤーは自分自身のマナゾーンにあるカードをすべて、それぞれの手札に戻す。 

ルナ・コスモビュー SR 水文明 (9)
クリーチャー:サイバー・ムーン 5000
G・ゼロ−9枚以上手札を持つプレイヤーがいれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
自分のターンに1枚目のカードを引く時、もう1枚余分に引いてもよい。

マナブーストから《神々の逆流》へ繋ぎ、マナロックをかけつつ《ルナ・コスモビュー》で殴っていくのが主な動き。《ダンディ・ナスオ》《神秘の宝箱》であらかじめマナゾーンに《ルナ・コスモビュー》を埋めておき、《神々の逆流》からG・ゼロで4体同時召喚という光景は圧巻である。

《母なる大地》《インフェルノ・サイン》から《アクア・ウェイブスター》を出して場を一掃し、《神々の逆流》を打ち込んでやれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーとマナゾーンを空にしつつバトルゾーンに自分の《ルナ・コスモビュー》を並べることができる。
膨大なマナを必要とするため、《ラブ・エルフィン》《氷牙フランツI世》によってマナコストを軽減しておくとやりやすい。
を組み込む場合は、代わりに《妖魔賢樹フライ・ラブ》を使用すると、《アクア・ウェイブスター》のバウンス対象にならないため効率がいい。

デッキの特性上、《ルナ・コスモビュー》がマナにある状態で9マナ以上あれば《神々の逆流》を唱えるだけで有利な状況に持っていけるのだが、それまでにすでに場が制圧されていたりして、手遅れな状態になっていることが多い。
このデッキを作る際は序盤の守りとコンボの前に場を整えることが一番の課題になってくるだろう。

  • 《神々の逆流》のかわりにコンボ後もマナが残る《魔天降臨》が使われる場合もあるが、マナ拘束が不十分になってしまう場合もあるため、コンボの成功率はあまり高くはない。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:35:19